コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

ケルト1番の人物カードを検証

この記事は約2分で読めます。

6月8日のケルトが現実にどう動いたか。
その実例からコートカードに関して学びましょう。
https://putitaro.the-xx.com/11777/

そこで1番の鍵となる部分が人物でした。
この部分の人物について、実例から考えてみよう。
まず、訳してあるように過去は【女教皇】です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この場合、基本の意味が弱くなる+女教皇3割。

剣Q自体は、基本の意味ですから特に悪くなく、
外見的な特徴を示す場合は、細身。
近寄りがたい、気軽に話しかけにくい空気。
内面的なことを示すときは、利発でハキハキした人。
自由人的、外見よりもフレンドリー。
悪い意味なら神経質。

と例をいくつか挙げました。
ただ、近い未来が【金貨3】で未熟という意味。

1番の人物カードを検証してみます

ここに出る人物は…

  1. 近い未来の動きに影響する人
    近い未来が動きのある大アルカナや強い小アルカナのとき
  2. 未来全体に影響してくる可能性
    その他の動きがないか弱いカードのとき

その時の訳は、
何か動きがあるカードのときは、表立って見えなくても、
実は、背後で足を引っ張っている人だとか、
金貨3の流れを引き出しているイメージなのです。
と間違っていました。m(__)m

この場合は動きがあるカードではない【金貨3】。

人物カードによってもたらされる動きの場合には、
戦車など動きがあるカードの背後にいる人物で、
あくまで人物カードは、最弱で単なるキッカケです。

今回の場合は、鍵となる人物の影響は、
後の審判で、うっすら未来の刺激になっていた。
やはり人物カードは、後でわかる程度で良い。
探すほどのことじゃなく、後分かって納得すればOK。

私(剣Q)のブログで、刺激(女教皇)があったけど、
その時点では「自分には出来ることがない」と思い
建設的にできなかったときだった(金貨3)だけのこと。

人物カードのおさらいをするなら

  • 人物カードは、常に最弱の影響である。
  • ただ大アルカナの強いカードがあれば発見しやすい。

そう思いましょう。

タイトルとURLをコピーしました