最終結果での『行動の決め方』

この記事は約2分で読めます。

■前回までの話で『能力の限界』の意味が見えてきたと思います。

審判という最良のカードが出たとしても、結果が良いとは限らない :no:
この能力の限界という意味は、あくまで8番までの流れを受けて、
本人がどうするか、どう考えるか でしたねd( ̄ ̄ー ̄ ̄)

その意味で似ているのは3番です。
現在の時点で、どうしたいという目標や意志を持っているかが3番。
そして9番は、これまでの流れを受けて、どう考えるかです。
そう思うと分かりやすいのじゃないですか?

20140821a

プラス思考で前抜きに考えて行動するのか。
マイナス思考で懸念を考えて行動するのか。
ただ・・・
他の箇所で前のカードが良い意味でも、
次の流れは必ずしも、その流れを汲んでいるとは限らないのと同じで
運は、いつも変化していて、どこで変化するか普通はわからない :ase:

人は皆、いつも「良かれ」と思って行動しているのであり、
どんな最悪なことを行っている人でも、自分では「良かれ」なのよね。
プラス思考で決めた行動で常に良い結果が出るとは限りませんので、
そこでd( ̄ ̄ー ̄ ̄)
良いように見えても悪くなる流れとか、
悪いように見えても良くなる流れを読むのがタロットでしょ。

悪いカードが出ているときは、悪い出来事が起こる。
しかし、その悪いことを起こしてくる相手も必ず悪人とは限らず、
何らかの諸事情で残念なことになるパターンもあります。
そういう風に広い見識を身につけるよう、一緒に練習していきましょう。

9番~最終結果は….
自分がどういう風に考えて、どういう結果になるか です。
これも先日、『良い意味や悪い意味』の真実という説明をしたけども、
便宜上の言葉に先入観を持たず、カード意味そのものを覚えてね。

最終結果が、大アルカナでない場合には、
金貨5の良い意味とか、剣9の良い意味に出る場合もありますが、
これらのカード意味は、良い意味とて厳しい状況に変わりなし。
ケルト9番に【審判】が出たらの記事も参考にして、
挑戦する価値があるのか否かを念頭に、行動を決めましょう!

タイトルとURLをコピーしました