受難を分岐点にして奇跡を招こう

昨日は英雄たちの選択で明智光秀を見ました。
磯田道史先生が話していたのだけど、
松下幸之助は、よく光秀と秀吉の話をしていた。
信長の良い所だけを見たのが秀吉。
信長の悪い所だけを見たのが光秀。

悪い所を見ると危険だということよね。
メンタルにも悪影響で不幸の元になる。
それはGolden Dawnの教えとも一致します。

死神や悪魔や色んな悪いカードがでてくると、
良からぬ展開に自分が持ち込んでいくやん? :tara:
受難もあるけど最終的に自ら落ちていくんだよね。

転換できたら褒美がくる

(無料登録で読める記事です)


気分から立て直すとよく当たる

さ、いろいろあるけど元気を作り出そう。
もし元気じゃない原因があるとしたらと探ろう。

どんなことも「今後」が出るスリーカードがある。
大アルカナで大げさ目に出る点はケルトより簡単。
しかも的中率は驚くほど高いです。

的中率を左右する問い

これが的中するか否かはやはり問いにあり。

めちゃ当たるパターンは…
背景がしっかりしている場合です。要するに、
リアルな悩みや問題を実際に感じているとき。
軽いか重いか別でも、その最中にあること。

上手くいかないパターンの多くは、
何も進めていない=まったく最中でない問い。
着手する前の段階で未来を知りたい時です。
何をどうしたいかがない占いは弱いのです。

気分を占うか現実を占うか選ぼう

今の立ち位置が「現在」か「鍵」で出ます。
まるで実行もしていないと気分の占いになる。
嬉しい気持ち、悲しい気持ちをもとに
凹んでいる気分が復活するかが占えます。

占いを活かしきる問い作成

・気分の占いは常に可能
難しいのは意気消沈しているようなときに、
依頼心から未来の現実を知りたくなることです。
そこで何も進めず、ただただ占うと読みにくい。
だって希望通りにでないと凹むでしょ?(笑)。
解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

衰退の回避グループが並んだとき

非常事態宣言・・・どうなるんでしょうね。
でも非常事態って急にくるのが普通です。
だから備えが必要だと再三言っている。

今もマスクはないでしょうけども、
以前のように買い占めは治まっています。
でも思うのよ。それホンマに大丈夫?

トイレットペーパーで行列ができるとか、
スーパーの棚が空っぽとか・・・。
そんなことは気にしなくて大丈夫なのか。
もう、買い占めなど起きないのか。

全体の流れをザっと見てみると、
現在には【世界】で平和と平和ボケです。
まぁ、平和ってことだから大丈夫なのです。

この3枚が並んでいるのを見ると、
悪魔の空気がずっと続いているかのよう。
そういう不穏な空気が漂っている。
解説記事は購読者のみなのでしっかり訳すね。
解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

祈念と行動の力で進もう

2020年も1/4が終わりました。
先日ご紹介したかたの続報です。

好調の持続はなかなかできないものです。だからこそ大切なのは不調の入口で気づいて切り返すこと。その見分け方と対策をざっくり2つに分けて書きました。自分はどちらの状況なのか考えてみてください。

本当に大丈夫かと不安になった途端に、
たった数日で朗報が覆ってしまったけれど、
あれから一生懸命プラス思考に努めています。
ようやく「自分次第なのだ。頑張ろう!」と思えて
再び良い流れが呼び込める気になってきました :good:

なぜ、朗報がきてあんなに不安になったのか。
それは優勝候補にあげられたプレッシャーで、
普通にしてれば勝てた試合に負けるようなもの。
今は目が覚めて「勿体なかった」と思いつつ、
もう一度、修行しなおす気持ちに戻っています。

もう二度と委縮したり、変に都合を考えたりしない。
戻るべきところは、そこですよ。
縁がでたら全力で進めるために算段しよう ::ne
そう思えたみたい。それが大事です。
いえ逆に、それしか大事じゃないかもしれない(笑)。

だって・・・

(無料登録で読める記事です)


マイナスをプラスへ変換

昨日は久々にwebをやっても良いと出ました。
太陽だったのでドンドン進めたら進展したよ。
やはりダメというときにやっても良くないですね。
ダメと出たら別のことをしていたけれど、
結局「良い」と出た日には成果があります。

しばらくセーブして首も良くなりました。
あ、そうじゃなく皆の祈念が届いたのかもね。
今は軽くなっていますよ。ありがとう :love:

ダメなときには落ち着いているのが一番。
一日法でチェックして、ぷちってチェック!
良いときにすれば流れは順調で疲れない。

それまでも焦ってやりたいと思いましたが、
それだけはする とぷちっても【悪魔】とかで、
じゃぁと発想を切り替え「web製作はしない」にすると
とってもよろしいという感じで【星】でした。

(無料登録で読める記事です)


塔の日はタイミング注意

昨日は塔。
この記事はアップしていたつもりでした。

今朝ログインしたら残っていたのです :gya:
やっぱ、こういうミスがあると実感です。
以下は昨日のままです。

今日はたまたま一日法が【塔】だったのよ。
塔の状況をリアルに想像できないとミスる。
違う方向を見ていて気付かないことしばしば。

塔はホロスコープでも大方、起きる前に出てきます。
なので落ち着いて考えれば回避も可能でしょう。
ハプニングや突然に起きる何かを示していて、
間が悪いことになるのも多いカードでしょう。
一日のことでも何か見つけられる強いカードです。

ただ今日は買い出しに行くのも決まっていたし、
いつものように油断してパジャマで仕事中に
急な来訪者がくるという展開はない日。
朝一に着替えも済ませました。

データ帳を見ると、もっとも近い塔の日には、
マスクをつけて買出しに出るからと、
ファンデーションなど化粧は頬から上だけの
省エネにしたことをすっかり忘れてしまい・・・
人前に出たあと鏡を見てギョッとしたとあった(笑)。

以来、マスクの日も顔面全部に化粧しています。
当たり前??(笑)。今日は何だろうと思ってた。
解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

緊張感や危機感に打ち勝つ

コロナもそうだし、3月4月で勤務状態など
新たになり緊張感をもっている方も多いよね。
さまざまに厳しい状況はあるかもしれない。
それを何でもかんでもストレスとは言いたくない。

あえて私はプレッシャーと呼びたいです。
プレッシャーはカードで言うと【塔】かな、
緊張感や危機感に近いと思うのです。
今まで生きてきてコロナのように世界の都市が
閉鎖されている体験など初めてのことです。

明暗に振り回されないで

世界情勢ばかりでなく普通の日常でも、
希望ばかり溢れているわけじゃありませんね。
明暗の星めぐりは誰にでもあるものです。

  1. 明暗の「明」で我を通せないだけで腐る人はいるし、
  2. 厳しい時に「ただの悪いことはない」と言える人もいる。

結果、努力を止めずに歩んだ人に奇跡が来るわけ。

(無料登録で読める記事です)


今後の体調「女帝と愚者」の読み

2月だったか、ぷちタロの実例をくれたら
何かスリーカードで占いますと言っていました。
そこで報告をくださったかたについて占いました。
小梅ちゃんという可愛いパグちゃんがいますが、
避妊手術に関して酷く凶運が続いていたの。

ケルトで状況を詳しく見たら恐怖の結果。
そこで対策を練り、本当に努力を重ねました。
万全に努めて手術は終えられたのです :good:
愛犬が家族同然というのをまざまざと見ましたよ。
 
そこで心配だった健康についての今後
おせっかいしてみました。読み練習にもなります。

ザっと流れを見みると中心の女帝を挟んで、
過去にも未来にも状況の変化や起点など
「区切り」となるカードが出ていますよね。

時の流れグループ「運命の輪」

過去の【運命の輪】のイメージは起点
時の流れグループと呼び流れの始まりや、
流れの中で変化する起点などを示します。
平たく言うと事の始まりや、次への切り替えです。

避妊手術に関して検討が始まっていました。
その起点だと読めば良いでしょう。

女帝は性別に関連する

運命の輪で始まりがあり、女帝の現在に続いていた。
女帝は、広い意味で女性関連という意味もあります。
美容や健康や女性独特のものなら何でもあり。
その中でも健康面では妊娠出産や女性特有のことです。
解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

我慢から得られるものは意外なほどよい

なんて寒い一日だったでしょう。
寒さで縮こまり痛い首がさらに固まってます。
みんなも冷えに注意してくださいね。

今朝は一日法が【節制】でしたが、
仕事運は別だからweb完成させるぞ!
ぷちってみたら・・・・また【悪魔】。
すぐに切り替えようと思いました。
辛抱は、した分だけ必ず成果はあります。
もうユーザーさんは体験からわかっているでしょう。

私も、こうしてNGと出ても自分の要求を通そうと
一瞬は占ってみたりするわけです。だから、
自粛要請を避けて遊びたい気持ちくらいわかる。
ただ!!ぷちタロから学んだ経験でいうと・・・
我慢を通して得たことは意外と多かったのです :bikkuri:

要請を無視する人は「無視することで何か得ている。」
けれど我慢をしたら、もっと良いものを得られるならどう?
我慢からも得られるものがあると知ってほしいです。

(無料登録で読める記事です)


Translate(翻訳) »