無料で読めるもの

スポンサーリンク
タロットな雑談

運をくれる大天使へのアピール

運があるとき、ないとき。それは一日の運にもありますが、運は自分が何をするかで変わります。360度すべてが不運なことは絶対にない。でも発見するにはコツがある。それをアンテナでキャッチできるかは自分次第です。運が至る所にある。とりいれたものは人生の骨組みになっていくお話です。
怠慢・ぼんやり

勇気と覚悟で生まれる運がある

石橋をたたいて渡るほうが安全かもしれませんが、私が一番見てきた成功の条件は「勇気と決意」でした。自分で決めたことに挑戦していくには勇気がいります。その勇気を発揮して動いた人には、ご褒美のように思わぬ展開がでてきました。
タロットな雑談

ポジティブになるための言葉 (6)「努力をやり捨てよう」

剣Aは厳しい努力で達成や合格の意味ですが、その努力の程度が実感できないと奇跡が呼べません。うまくやると単に試験に合格するだけでなく大事な成功体験のひとつになります。剣Aのもつイメージを解説しておきます。
タロットな雑談

自分も知らない未来が占い結果にはある

占い結果は、あくまで自分が今の流れを変えないで進む未来です。行動を転換すると未来も違ってくる。そこに凶運回避の技がある。悪い結果を「いや、あってるはず」と思い込むのが失敗の元。自分でも占い凶運を回避するよう知恵をひねると好転もありうる。好転のヒントを書いておきます。
幸せのおまじない

ポジティブになるための言葉 (5) 「落ち込みやすい体質の人は・・」

人の言動に凹んでしまう時に、すぐ復活できたらこんな良いことはありません。私はさんまさんの言葉がとても役立っています。何せ、すぐに切り替わりスッキリすることが出来ています。言葉の意味だけでなく言葉自体に力があるのは本当だと感じてほしいです。
怠慢・ぼんやり

具体的な実行策が足りない人が始めるべきこと

やる気や意欲は出したいと思って出ない厄介なものです。キッカケが必要なのです。そのキッカケをどうつくるのかを書くので試してください。発見は不意にやってきます。答えを受け取れるかは自分次第とわかるでしょう。
落胆・しんどい・不安

ポジティブになるための言葉 (4)「未来を幸せにする失敗」

失敗が怖いから勇気がさせないことはありませんか?でも失敗の質を変えることで、怖い失敗はなくなり、有益な失敗になってくる。諺にある「成功の基」になる失敗に変えていく方法を書いておきます。
イライラ・否定的

ポジティブになるための言葉 (3) 「嫌なことが・・」

さんまさんがおっしゃっていた「嫌なものが嫌じゃなくなったら怖いものがなくなる」の言葉で元気と勇気を得られたお話です。
怠慢・ぼんやり

ポジティブになるための言葉(2)「誰も代りにやってくれないよ」

自分を運よく動かすために効果がある言葉をもっていると得です。気分を上手く誘導して切り替えられるとよいし、それがハマらないときの対策も一緒に書いておく。これを実行すれば「やらねば」と思うばかりで時間が無駄になるのを省けるでしょう。
幸せのおまじない

ポジティブになるための言葉 (1) 「ただの悪いことはない」

不運を幸運に変え、不快を消し去る力のある言葉の基本がこれです。習慣にして使うとどんどん悪いことが良いことへと転化しているのが体験できるでしょう。毎朝、祈念として吉運招きにも使える言葉です。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました