コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

ケルトは『心の反応』を発掘せよ

この記事は約3分で読めます。

ケルトを読めるか読めないかは、カード意味云々より前に、
自分の悩みや問題意識をしっかり把握することが最初です。
問いを作ることを適当にして展開したら直観が働かないの。
これは、本当に不思議なことでスキルではありませんが、
例えば、答えに【法王】が出たとしましょう。
そのときに、自分の悩みと問いをしっかり考えて展開していたら、
法王のワードがに飛び込んでくるみたいにしっくり着ます :hint:

法王は、助力系という決まったニュアンスがありますが、
細かくいうと専門家の助言身近な人の手助けや、
はたまた、知的関連で教えたり教えられたりという意味もある。
そこから、1つないし2つの間違いない意味が心に飛び込んでくれば、
そのカードが、答えに深みと信憑性を与えてくれます :good:

心に「まさしくだ!」と感じる心に飛び込んでくるイメージをお話してみます。

他のどの位置にあるカードにせよ、明らかに問うた自分の気持ちに
応えて出てくれているようなカードがあるのが分かると凄く良い!

同日にアップした問いをみてください。
言葉にすると「ケルト『目標達成への問題点改善』を探る」となっていますね。
ブログ記事にするので、そういう文言にしました(^^ゞ
この文言にこめられた内なる悩みは….
特定の歌に際して首が痛むという原因解明や対策がわからない問題があり、
それを起こらなくしたいけど、多分無理だろうと思いつつ・・・
もし、万が一にもクリアできる可能性があるのか 占ったみたということです。

上の3行が私の悩みの真実なのですよ。
それを総括するとブログのタイトル文言になったということ ::ne
自分の悩みに向き合い、何を望んでいるのか意志を確認し、
この悩む現状から改善していけるか?
その今後の流れを占ったということになります。

そこまでを自ら確認して展開すると面白い感情がいくつか湧きます。

20150314a

■問いを作ったときの悩みや気持ちに直接反応してくれるカード

私にとって一番悩みに反応してくれたのは【魔術師】+【金貨2】のライン。
原因もわからないから対応は無理だろうと半ば思っていました :dissa:
そこに、懸念することほど思っているより良い結果が出る魔術師は、
すぐ私の心に飛び込んできて、ダメじゃないという刺激をくれました。
そして、周囲の8番【金貨2】の良い変化と堂々巡りの両方ありうる意味で、
自分の対応や心がけを正しく整えようという意識にしてくれました。

■カードを読んで初めて自分の気持ちを知るようなカード

潜在意識の【愚者】を見て初めて、リセットしたいと自分が望んでいる
と知りました。自分では『無理だと思っている』=死神みたいかと思っていた。
もちろん、愚者なのでズルズルと放置すると現状維持なのですけど
だから余計に、前向きになろうと思わせてくれた。

今回の悩みに関しては、この黄色のカード達がストレートに響きました。
もし、適当にチャチャと展開してしまっていたら違ったかもしれません!
お陰で、助力系の法王や女帝を実際に見つけようと思えたくらいです。
こういう風に、心に響くものがあるからこそ、占い結果を現実のものにできる。
だから、単なる作文ではダメだということなのです :stop:

みんなも、カードの気持ちを1枚ずつ全てに付着させることで、
自分の心を反応させて、現実に力を加える行動をとってほしいです。
だって、占うだけで力にならないなら現実など切り開けようがありませんもん。
私の占い結果から成功を得た方も、同じように心の反応で未来を切り開きました。
それもこれも、本来の基本的なカード感情がどれくらい身についているかです。
そうすればケルトを読むとき、『心に反応』を発掘して正しい対処を見つけやすいよ。

その意味で、最終結果に正義や死神が来たら、そく切り替えることも大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました