カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

Yoshiko Sato

スポンサーリンク
ぷちタロな雑談

奇跡の出会いだから頑張る力がでる

大変でも目標を達成した縁は、その縁自体がどれほどのものだったか。どこまでしっくりくる縁を見つけたか。最初にキッカケが大いに関わっているというお話です。縁の発見方法や奇跡に出会って判別できるように書いておきます。
ぷちタロ練習

凍結そのものが正義「その実感と対応策」

正義は、ぷちったときの対応を知っていても、リアルな日常に起きていることはつかめていない人も多そうです。ちょっとした違和感がある相手も含め、何が起きるか・どう対応するかを知っていることが重要です。知らないと凶運は続く可能性があるカードなのです。
ぷちタロな雑談

近隣から観光地にGo to してくる恐怖キャンペーン

近所ではGo to キャンペーンへの恐怖が広がっています。外食もしたいけど怖くて持ち帰りにした話も聞きました。ケルトで以前に医療崩壊について占い最後が「力」だったのはコロナが収束するまで有効です。ケルト結果が15年後に当たった例も書いておきます。
一日法

死神で獲得してほしい有意義な変化

死神がでたら停滞や行き詰まりがでる。だから嫌やな~と思う。でも、それを脱して新たな感覚になれば、吉運が増えて嫌なものが1つ消えて人生が楽になるでしょう。死神もまんざらないという成功体験を身近な一日から始める勧めです。
怠慢・ぼんやり

毎日が吉運への「つなぎ」になっている

嫌だと思ったり、不安で意欲がでなかったりが、死神を回避した後で心境の変化があったお話です。小さな日常を変えることで吉運も励みも増してきて、明日へつなげる力が倍増する。小さな一日の行動が大切なことを感じてほしいと思います。
スリーカード

最強の吉運「審判」を喜んで終わりにしないこと

努力していることがあれば、時間設定ありのスリーカードをしましょう。自分の希望を当てはめて問いを作れば、希望通りの展開になるかわかります。ダメでもヒントがあるでしょう。今回は現在に審判がでたときの重要な読みを解説しました。
イライラ・否定的

「出来る」という体験は後々まで引き継がれます

困難に負けそうなカードは、どれも心構えひとつでクリアに近づけるお話です。周囲に苦しめられると憎み嫌いますが、それをはねのけて余裕で超えられたら素敵です。敗北を超えて身構え、難なく超えられた日の体験を書いておくね。
ぷちタロな雑談

死神の日に私の打った対策と結果の一例

死神が出た日の身近な私の行動を書いておきます。ぷちって対策し、ベストな流れになったデータを増やしましょう。死神の行動修正についてイメージできたら嬉しいです。
ホロスコープ

負けられない瞬間をクリアする意味があるとき

棒7や棒5、棒10は困難に直面するカードです。今回は7ですが何かしら困難がでてくるから、最後は打ち勝ち「ようやった」と思えると流れがすごく変わります。ある意味で自分との勝負なので乗り切れるように解説しておくね。そしてエールも欲しいです。
ぷちタロ練習

ぷちって法王だった選択肢で半年たったサプリの検証

大きな夢と大きな悩みだけでなく、日ごろの占いで出るデータが一番役立ちます。実証されたデータを持つためにも、小さなことをしっかり占っていくことよ。それ以上の発見への近道はない。年初に占い行動した結果がでたので報告するね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました