疲れまくって回復しまくる楽しさ「人生フル稼働」

この記事は約3分で読めます。

ふと思いました。
最近「やれることは全てやったか!」にハマり、
限界を作らない疲労を楽しんいるけど・・
もうユーザーさんにしてみれば、それが日常であり
「佐藤さん、やっと今?(笑)」って感じかなと。

疲れも楽しめると知っている人は強いですね。
虚弱体質なのも原因かとは思いますが、
やりきった心地よさを感じて嬉しくなってしまい
言いまわりたかったけど意味ないか・・となってます。

うちのユーザーさんは優秀ですから、
とっくに体感して続けている可能性が高い。
そうでないと夢なんて叶うわけないやん。
そうやよね~。学ばせてもらいました(笑)。

楽しい疲労を継続したい

毎日「やれることは、全部やった」にすると、
その心地よい疲れが病みつきになり、
その日は楽しくてよいのだけれど・・・・
続けていくと疲れが貯まってきてしまう。
すると上手く眠れない日が増えますね。

これはアカン。
まだまだ疲れ初心者です(笑)
骨折りを維持する秘訣が必要ですよ。

スポーツ選手は余力がある練習などないから、
毎日、自分を追い込んでいるのだけれど、
疲労回復の食事や良い睡眠など、
きっと工夫しているに違いありません。
工夫なしには絶対に体がもたないもん。

疲れを楽しめると伸びる

「自分をイジメるのが好き」ってこういうこと?
と思いつつ、とにかくダメな自分を卒業したい。
今まではホンマに恥ずかしいですが
「疲れそう」と思うだけで腰が引けました。

体力に自信がないせいもあるのだけど、
やれることを全部やるという覚悟がなく、
そのうちに・・・ と思う怠慢の連続。
疲れてはケアすると良いのに、その発想がなく
そのそも疲れるのが怖いという考え方(;´Д`)

9月も思い切り頑張れの運なので、
自分をイジメる楽しさがわかったら
それを続けていく秘訣を編み出したいの。

疲労回復の工夫を学ぶ

先日お話した方は、身近な目標を持っていて、
不可能と決めず実行するために考えていました。
時間を、どこにどう作っていくか考えてはるの。

ご多忙なのにイキイキしてるかたに聞くと
夜には必ず1・2時間の読書をしてはる。
20年も続いているそうです。やっぱりね💡
でも全てを夜に集結できないので朝にも工夫。
「それをやってる方は、そりゃ希望も叶うわ」と
実感したところです。

時間を短縮する家電はいっぱい出ています。
そんなのが出来てきて、楽なくらいだとか。
進化している人は、ただ疲れてたりしない。
疲れるまで頑張る楽しさも知っているけど、
疲れを回復させるための工夫も忘れていません。
寝心地が良い寝具もいろいろとあるようです。

夢や希望はトータルに考えて頑張りましょう。
安易に「無理・・・」って言ったもの負けですね。
ホンマ、そうやわ。

私も、疲れる楽しさを手放したくないので、
次は疲れが回復している喜びも作りたい!
残りの人生をフル稼働できたら楽しいやろうな~
厳しい星でも色々学べるのは本当ですね。
ファイトです。