やる気がでなときにするべき発想はコレだ

この記事は約2分で読めます。

今日は、どんな気分でしょうか。
たまに、だるくて何もする気がしないとか
ずるずる無駄に時間が流れてしまうとか
人間だからありますよね(;´Д`)

Golden Dawnタロットには怠慢系と呼ぶ
大アルカナと小アルカナのグループがある。
それは世界と愚者をメインに複数枚ありますが、
どれも空気感は同じです。だるいのです。

だるい気分のとき、
無駄に過ぎていくとき、
怠慢系を実体験しているわけよね。

怠慢カードの状態とは

気分からくる「だらだら」感が共通点です。
意欲がでないくて困るのです。

切り替えが出来ればよいけど難しい😞
怠慢系のカードは小アルカナでも強力で、
その気分に流されて簡単に切り替えできません。
ほんまに出来ないのです。

これらのカードは酷い凶運でもないのに
抜け出せない気分が強力に続きます。
そんな気分の時は怠慢系グループを
体験しているのだと思って対処してみよう。
何事も経験(⌒∇⌒)

時に自己嫌悪になっちゃうけど、
・・それに関しては、まずぷちタロです。
「だらけて過ごすからね」と決意してみると良いよ。
そもそも、抜け出す必要がないのかもしれん。

良いか悪いかの吉凶は私たちの既成概念とは
まったく別のところにあったりするのです。

 

意外と「いいよ」とか「大吉」と出たりもある。

やる気が出ない原因

やる気を失っている怠慢系の場合は、
視点がいろんな意味で狂っている。
ナビの設定を変えるイメージで対処しよう。

視点を入れ替えるのが一番です

怠慢系にハマっているときは、
今後とか、未来とか、来年ではなく、
時には、今日でも遠くを見過ぎているくらいです。

今後の30分・1時間でも良いくらいなの。
これから、とりあえず30分間することを選ぼう。
30分だけ何かをするくらいで発想してみましょう。

  • 理想的な行動を考えてはいけない。
  • ゴールの設定や計算をしない。
  • 遊び半分で良い。
  • 意味のあることをしようと考えない。
  • 嫌ならすぐにやめてよい。
  • 嫌じゃないことをしよう。
  • 昨日からの続きを考えなくて良い。

怠慢系の根本は成果への期待や計算が、
無意識のうちに働き、邪魔になっています。
期待と成果は一番いらないものだと思ってね。

タイトルとURLをコピーしました