好かれる苦労、嫌われる苦労

この記事は約2分で読めます。

転換期など、苦労する星巡りや、
カードのように心労が出た時期などは、
それが5歳の子供であろうと、成人男性であろうと、
どんなお金持ちであろうと、会社の社長であろうと、
必ず、相応の苦労がでるものです。。

この年齢になり、すごく感じるのが苦労の価値

森光子さんが、物凄く苦労してこられて、
その分、周囲にすごく優しかったと聞きましたが、
逆に、自分がした苦労を延々話して参考にするよう強いたり
いかに頑張ったかと熱心に訴える人がいますが、
大抵、嫌われていますね。

今現在、尊敬されるような振る舞いをしていなければ、
いくら、苦労を語っても見習おうとは思えませんもんね。
若者も冷静に人を見ているんですよ ::ne
だって、苦労は若かろうが中年だろうがあるものです。
年をとるほど謙虚で、向上心を忘れないでいたいよね~




以前、大病の人に励まされるという記事でも書いたけど・・・。
気遣いを感謝したり労ってもらわないとご機嫌が悪くなる人がいて、
そんな人に
「ねぎらってもらわないと怒る人っていますよね~」
というと、しゃーしゃー
『自分はやってあげるのが好きだから』
だって(笑)。
やってあげる=感謝される=当然喜ぶ という発想で、
そうでないと怒る :ase:

仕事のやり方やプライベートまで、押し付けでなく
尊敬されて尋ねてもらえるか、見習ってもらえるのを目指しましょう。
それが一番良いと思います。
若い子だって、それくらい分かると思うのよね。

タイトルとURLをコピーしました