コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

ヒントはあちこちにあるから見つけよう

この記事は約3分で読めます。

今日は、首を少し下に向けるだけでポキッと折れそう。
そんなくらい木みたいに首がカチカチです。・・辛い。
しかーーーーーーーーし、元気は出したいのです :luck:
だって元気を失ったら、出る力もでなくなる。
出る吉運もでなくなる。

運とは、そういうものよ。
打ち勝った者に運はでてくるでしょう。

人間誰しも、ベストな状態が続くわけはなく、
どこかで低迷したり迷ったりもあるけれど、
そこで正しい選択をしていくと早く浮上できます。

20190929a

落ちるところまで落ちると厳しい :ase:
そこから奮起して英雄になるよりも、
ほどほどに落ちたら浮上するほうが絶対に良い。
それでも、十分に反省したり悟ったりは可能だもん。

闇雲に選択すると落ちるところまで落ちやすいから、
選択肢を吟味していこう。思い込みを止めよう。
それが人生で一番大事な気がします。
成功している人が例え頑固に見えても違うんです。

柔軟さは未来を切り開く

順調な時は永遠には続きません。
また次の段階がやってきます。そんなとき・・・

柔軟さが本気度を判明すると思おう。
本気の場合は、頑固さから解放されます。
それをちまたではチャレンジと呼ぶかもしれない。

 

単なる思い込みではなく正しい信念がある人は、
チャレンジを大切だとみなして柔軟になる。
でないと私のヒントなど到底聞き入れるないわけです :no:

ヒントは周囲にあるし、選択肢は複数あります。
そこそこな吉運から、大きな吉運まであります。
いくら望んでも時期により吉運がないときもある。
だけど成功しない人ほど、そこで柔軟ではない。

逆に、
こんなの嫌、あんなの無理・・・と頑固です。
いや・・私、魔法使いじゃないから(笑)。

 

先日、金澤翔子さんが成功した過程を書いたけど
行き詰ったときに、是が日にでも就職できるようにと
それしか考えられなかったら今はないわけです。

そういう柔軟さが必要な時に出せるか!
挑戦は怖いし、安心が欲しいでしょう。
でも、少しの挑戦が安心につながったりします。
安心を選ぼうとして大失敗するのも珍しくないよね。

選択肢を選ぶ力は必要なのだわ。

目標への道が行き詰ったら条件は放棄してみよう。
条件が消えたら、出来ることは五万と増えます。
その五万を最初から消していくのが頑固さです。

時には大きく、時には小さく、いつもベストな状況へ
変化のヒントが働きかけてくるのがGolden Dawnです。
目指すことは1つでも、方法は1つではない。

先日、条件を諦めた人が別の方法を発見し
「別の方法があると信じたら、やっぱりあった :haku: 」と
ヒントを信じて良かったのが実感できた模様。

 

私の英語でも、みんなが目指すことでも、
たくさんある方法のいつくかは続けていくべきだし、
絶対に、2つや3つは出来ることがありますよ。
自分が好まない方法は除外したいかもですが、
私が学んだのは、試して見つけることだった。

自分は聞き流しなんかより、もっと勉強してた。
もっと頑張ってるから、その方法は要らんと思ってた。
でも1つを選ぶより、2つ3つやるほうが良かったです。
嫌どころか、逆に楽しさも増えました。

プラスになる選択肢は1つではない。覚えておこう。

タイトルとURLをコピーしました