今日の運チェック!
       

お香の効能『本当の意味』

この記事は約3分で読めます。

なんか最近は、洗剤とか何から何までアロマ系が多く、
気持ち悪いくらいに、世間で香りが流行しているね。
単なるお洒落でよい匂いをさせたいだけなら、
科学的に合成された洗剤の匂いで十分でしょうけども・・
運をあげたい人は、そうはいきません。

お香やアロマを匂いだけで愛好するなら別ですが、
そもそも、お香は寺院などで焚くのが発祥です。
香木は、聖なる木とされて厄払いなどに使用されましたし、
迷信だなんて全然いえないことをお話したいと思います 。

も聖なるものですし、炎で燃やしてでる
それは私たちの物質体と同じ、様々な物質で出来た粒子です。
香りの粒子は、小さすぎて煙のようには見えませんが、
天然の白檀は、他の香木と違い燃やさなくても香りが強い。
それだけ強いパワーがあるとするのは当然で
私は天然の白檀でお香を作るのをススメテいますし、
気分が乗らない日は、邪気の影響も念頭に入れて、
厄払いに白檀を焚くのは、とても良いことです :love:

20140403.png

 

・・・というのはですねd(^_^o)

香りも煙も、それは粒子であり物質ですね。
人間の目には見えない物質も動物は感知したりします。
そのように物質の大きな塊である肉体でなくても、
精妙で目に見えない粒子に宿ることが可能な存在もある!
邪気というのも、目に見えない現実存在=粒子だと考えるのです。

例えば、源氏物語で六条の御息所の生霊がでますね。
翌朝、彼女は自分の体から見に覚えのないケシの香りを感じとり、
生霊退治に使われている香りと同じであることに気づきます。
自分が無意識のうちに恨みから生霊になっているのを知るのです。

寺院で白檀を焚くのは、そう思えば当たり前のことですね。
粒子と粒子は、くっ付く性質があるから
白檀の煙が、邪気の粒子に吸着したところを喚起すれば祓える。
白檀が色んな香りのあるなかで、特別なのは・・・
合成するのがとても難しい成分で成り立っているという
ある意味、神様の意図というような不思議があるからです。

だから安い白檀の香りのお香は、酷似した香りの別物です。
運気アップを考えると、天然の香木から手作りするのが一番。
また、作るときは大きめに作らないと意味がありません :no:
煙が足りないと、焚いても邪気を十分に吸着できませんから、
小指の第二間接くらいの大きなコーン型に作ると良いですよ。
ここぞというときに効果が期待できるのは、それくらいです。

だって・・・
実験室で生まれた合成成分にパワーがあるわけないものね。
単に香りで気分転換ができるという意味とは違うので〜す。

お焼香やお線香や蝋燭は、お葬式のイメージがありますが、
お葬式の夜に、お線香の煙や火を絶やさない意味も、
上の説明を理解すればよくわかると思います。
お線香には白檀が使われますが、高級なお線香の白檀は、
それだけ良質で本物の白檀なのですから高価なのは当然。
煙と炎が、邪気や魂を霊界に帰してくれる唯一の光の道です。
煙と炎は、この物質界に残る魂や邪気を霊化してくれるのよ。

実際、お香原料はタロットに聞いてからしか買いませんが、
市販の原料で幸運値が高いのは、何度試みても白檀以外にない!
色んな香りが欲しいという要望もあり占うのですが、
ほとんどが物事の停滞やマンネリやと良い結果がでないのです :dissa:
その意味で、香りも良く幸運値が高い白檀で落ち着いています。

色んなことを活用して、目標達成に向かいましょうーー!!

タイトルとURLをコピーしました