今日の運チェック!
       

変わっていく未来をデザインしよう

タロットな雑談
この記事は約3分で読めます。

近くにある有名な藤が咲き始めていました。
コロナ疎開に来ているナンバーをまだ見かけます。
けれどGWに観光バスが来ることはないでしょう。
昔は外国人観光客がいなくても賑わっていたそうです。

20200419a

いろんなことが変わっていく

そう、しみじみ思っています。これまでも私は、
お金ばかり気にかけていたらアカンと
うちのユーザーさんには、話してきました。
お金があってもマスク1枚買えないこともある。

お金があれば安心と思うのは幻想です。
ウイルスは人を選びませんし、
生産が止まれば物は手に入りません。
善意と良識が消えれば世の中、回りません。

母の時代は戦争により物資が無くなりました。
だから平和な時代になっても備蓄をしていました。
私は「来週も特価があるかもしれないのに、
今すぐ要らないだろう」と思いつつ見ていました。

戦争で食べものにも困る体験をした母は、
そういうことだったのだなとやっと気づきました。

いろんな意味での備えがある

個人も国も備えておかねば弱いです。
備えがない人はパニックを起こします。
そして周囲に冷たくなったりもする。

コストばかり考えず国産で作る大切さや
ものづくりの大切さも実感できました。

幸せの価値観を変える時期がやってきた。
コロナが過ぎ去っても同じ生活に戻るのでなく、
別の価値観をスタートさせるべきだと感じます。

ガッカリしないでほしいのよ ☝
みんなが思い描いている夢や希望が、
時として予想とは全く違う流れで叶うのを
これまで運勢を通じて体験してきました。

不安に負けず別方向へと動いて出会う縁がある。
人間、予測をして動くわけですけど、
思い描く通りにならず途方に暮れそうになっても
「頑張って良かった」という縁は出てきます。

変わっていく未来をデザインしよう

今回のことで行き詰まりや窮屈があれば、
自分の予測や普段の対策を放棄してみて、
ピュアな気持ちで方向性をぷちってみましょう。
目から鱗が落ちる展開も呼び込めると思います。
 
国から10万円の給付がでることになりました。
家賃が払えない人は、それを使うしかないけれど、
それこそ、自分の知識を増やす機会にしたり、
技能を身につける機会として活用してほしいです :kira:

マスクがないとき、縫製の技術がある人は、
いち早く自分でマスクを作り始めました。
筋トレが得意な人、ダンスが得意な人etc.
それらを自分に役立て、周囲に役立てました。

お金を、特技をもつ自分にするために使えば、
それは単なる10万では終わらないと思います。
誰かの為に何かしたいと思えるようにもなります!
なぜなら特別な時代がやってきたからです。
その辺については後日書ければと思います。

今日はぷちって買出しに行きました。
【戦車】でした。
目的があれば労力を払って頑張ばれです。
お醤油を切らしたので1Lのを買ってきました。

ようやく近所のスーパーには店員さんとの間に、
ビニールシートが張られていて、手袋もしてらした。
今まで対応が遅れて不安だったと思います。
よかったです。

タイトルとURLをコピーしました