コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

奇跡を与え合うのが祈念です

この記事は約3分で読めます。

今朝は、これまで起きた奇跡と思う祈念の効果を
しみじみとリアルに思い出そうとしてみました。
成功体験をもう一度呼び出してみるのは効果あるよ。

運勢ユーザーは誰しも奇跡と思う展開があったよね。
もう限界という状況で頑張ると思わぬ成果や評価。
無理なのかと苦しんでいたら来た成果や好転。
私もたくさんありすぎますが、やっぱどれも新鮮なの :kira:

その新鮮さが大事なカギだと思います。
だって繰り返したいですよ、奇跡を今年も!
そう思わない?

祈念が通じたとしか思えない奇跡が起きる経緯は、
Golden Dawnの【月】でイメージすることができます。
見通しが暗く、お先真っ暗に感じ、暗中模索で不安。
そこでは唯一、自分がいる現状だけが明るいのです。

c_13

もし暗中模索で先に進み出てしまうと怖い :dissa:
その先に待っているのは更なる悪化と不運のみ。
ザリガニがいる今の場所が、唯一の場所です。
ここで「今いる地点」で何ができるかを知ることよ。

奇跡を受け取れるよう雲を晴らせ

月の下には厚い雲が張り出している状態です。
月の光が示す知性もエネルギーも雲に遮られています。
ありもしない幻を追って崖の道を歩みだしそうです。

奇跡が起きるように変化してください。
祈念が通じた経験を持たない人も考え直そう。

これまで祈念が通じた大きな奇跡が起きたとき、
それは邪念を捨てて心から素直に信じたときです。
素直な気持ちと熱意があるときに天の存在は、
サーモグラフィーのように貴方を感知してくれます。

暗く濁った状態では、いくら私が純粋にお願いしても
私が伝えた存在は神様にはいないのと同じ状態。
見つけてもらうことはできないでしょう。

いつも自分の欲を霊化して任せるのが祈念。
霊化とは形がない純粋な魂の状態を表します。
魂の状態から逆算してピッタリの現実が選ばれて来る。
だから形を決めつけていては、もう邪念なのです ::ne

欲しい状況は決して決めつけてしまわず、
「一番良いことになる」と純粋に信じましょう。
今まで奇跡がないというかたも同じです。
自分に欠けているのはソコ。そこだけ変えよう。

心を入れ替えたら驚くほどスッキリしますし、
信じよう任せようと思えて、その後に展開は来る。
天から降りてきたと思える展開は来ます。
 
年初から早々に展開を呼びよせて、
2020年は春夏秋冬で全期通して頑張ろう!
空亡でも悪い年でも躍進は見合う方法であるのです。

自分の中の雲を取り払うことが出来れば、
私の祈念は必ず神様に通じているから、
見つけて何かしらの展開は送ってもらえます。
もちろん、私もそうしますよ。
皆がいくら祈念して神様に通じていても、
私が曇っていたら「その人いないよ」ってなる。

互いに幸せを与え合いましょう。
相手を信じて奇跡を呼び合いましょう。

タイトルとURLをコピーしました