奇跡を呼ぶ祈念「総まとめ」

この記事は約3分で読めます。

過去記事を掘り返してくれたらよいけれど・・・
そうもいかないでしょうから祈念のおさらい
ここから新スタートですから祈念方法も再チェックね。

先日、久々に奇跡と思える結果を得た人も、
祈念することのパワーを再確認してはりました。
してないと損やねん。あほやねん(笑)。
どうせ努力するならば、祈念しながらですよ。

普段の祈念は一日一度でよい

回数は朝起きたときに1度すれば十分。
必ずしも朝晩しないといけなくはない。
朝にしておくと一日の不注意やミスなど、
いろんな部分で効力が貰えるからよいです。

まぁ、どうしても朝に時間が作れないなら、
1回をどこでするか、生活スタイルに合わせて
あなたの意志でぷちって決めましょう。

逆に絶対ダメなこともあります。
用もないのに執拗に何度も何度もするのはダメ。
それは朝に祈念したことを信じてない証拠です。

時間があるとき不安でもないのに祈念したりせず、
「祈念したから大丈夫」と読書でもするほうが有意義。
単に時間があるだけなら別のことを見つけてやりましょう。

トラブルや問題がある時

問題や悩みがあるときはネガティブな気分になります。
いくら朝に1回信じて預けたとしても不安が来ます。
そういう時は一日に何度でも祈念でリセットせよ ::ne

  • イラっとしたとき
  • 不快な相手を思い出したとき
  • 大丈夫かなと不安に思ったとき

など
心中にネガティブ思考がでたらすぐに祈念でリセット :kira:
その都度、しっかり祈念して浄化してしまうこと。
もし一日に50回不安や怒りがこみ上げる時は、
一日に50回でも祈念をして浄化しておきましょう。

  • これも過ぎ去るでしょう
  • 良いことの為にどうしても必要な悪いこと以外はない
  • ただの悪いことは天に解消してください

等々、念じ方もその時の気分にフィットすれば、
スーーーーっと気持ちが楽になるでしょう。
不安を持ち込もうとする自分の気持ちをお掃除です。

祈念後の過ごし方

祈念が効いているのが当たり前だと信じて、
不安が出たとき以外は自然体でいることよ :pati:
普通に自分の仕事をして、普通に一日を過ごすべし。

祈念の時以外は、あれこれ下手に考えすぎず、
自然の流れで過ごしていると思わぬ奇跡がくるのです。

頭がいっぱいだと神様の伝達が受け取れず、
頭で考えたことをしたり、頭で考えたほうに動きます。
そんなもので奇跡につながることは100%ありません。
逆に、それが奇跡を阻害していくと思うのです。
祈念の時以外は自然体で一日を過ごしましょう。
 
祈念の結果でくる答えは特徴的です。
単に希望通りだと奇跡ではない可能性が高い :no:
本当に効いたときは、自分の望みを超えています。

一石三鳥も四鳥もあるのが当たり前なのが奇跡。
だから受け取ったときに「これが奇跡」とわかる。

私たちは頭をできるだけクリアに保つのみ。
そして時間があれば祈念よりも何か楽しもう。
学ぼう。研究しよう。掃除しよう。普通が一番です。

爽やかに無駄足しましょう
自分のために、いかにも役に立つことばかりできはしません。けれど、そんな焦りがあると無駄足を嫌って何もしなかったりします。無駄足が神様へのお供えになっているかもしれない。そんなお話です。
タイトルとURLをコピーしました