コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

奇跡に近づく発想

この記事は約3分で読めます。

昨日の神がかり的な流れで問題解決した人も、
私が大阪に戻ったり、こちらに来たり、事務所を借りたり、
その他、様々にそのときの希望を実現した裏には、
必ず「あきらめない姿勢」がそこにありました。

ホンマ、そうとしか思えない :kya:

逆に叶ってないことは、そこそこで適当にして
努力を中断しているのですよ。まさにその違い。
自分でも、その違いがわかります。
 
こっちへ来て吉運の家を見つけたときも、
何か大きな変化をするときは覚悟を決めて、
絶対にあきらめずに変化し切りました :bafu:
当然、運が悪い年になど動きません。

その辺の下調べは五行で何年も前にわかります。
そこで動こうと決めたり、問題解決をするならば、
途中で何があっても引き返さない覚悟で進むべし。

先日のトラブルに巻き込まれた方もそうです。
同僚からは「もう返品を受けたら?」という
楽になる手立てを勧められることもあった。
けれど絶対に評価の悪い人の言いなりにならないと
最後の最後まで高圧的な言動に負けませんでした。

すると祈念通りに奇跡の展開が来た。

希望が叶わない人は途中で手を緩めています。
それは、息抜きかもしれないけど諦めかもしれない :syun:
あきらめてはいないと口で言っても諦めかもしれない。
今回の彼女は、一歩も引かない気持ちがあった。
私が思わぬ縁を見つけたときも全く同じです。

一歩も引かない決意がそこにあったとき、
退路を断って動いていると限界ギリギリで奇跡が来た。
やっぱ、そうありたいと思いました :kira:
 
動くときや勝負を賭ける時には、費用や日程や都合など不要。
そこがもっとも大事です。都合を言いつつ夢を叶えるのは無理。
都合を言ってるうちに幻と消えると思いましょう。
結局、都合を言う人は永遠に都合を言い続けやすい。

転職で万年良い会社に当たらない人は、
常に保険をかけて動こうとしています。
ボーナスをもらってからという区切りとか
好都合の区切りほど神の区切りとすれ違う。

逆に、
チャンスを見つけたらいつでも損得言わずに動くと、
結局は損などしないのです。希望を掴めています。
そこを忘れず2020年もチャレンジしたいと思います。
これ・・・自分に言っている(笑)。
「そうだよね」と思ってくれたらあなたもね(^_-)-☆

退路を断って頑張るイメージで作って行っても
信じていれば怖くない。間違った判断をしたときは
不思議と無理にでも止めざるを得なくなります。
周囲からそういう状況がでてくるの。

だから進めるうちは進めばよい。
本当に退路が消えるのではありません。
そこが神様の助力なのだと思いますよ。
「よーし気合い入れます。」

タイトルとURLをコピーしました