コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

首都圏と東海の地震予測を検証

この記事は約3分で読めます。

地震国ですから、広範囲に危険な兆候があったりしますが、
空間情報工学による地震予測方法で地震を予測し、
有料のメルマガにて危険な兆候を配信している方がいます。
2014年に起きた地震の兆候もつかんでいた最新の研究だそうです。
兆候が出てから6ヶ月以内に震度5以上の地震がないなら、
数ヶ月ずれこむと考えるとよいみたい。

昨年10月に出ていた兆候は、首都圏と東海、南海と東南海があった。
だから4月までに大地震が起こる可能性が検知されていたことになる。
予測どおりに大地震が起こってしまうか心配なので占ってみた。
ケルトは、基本的に時間を介入される問いは立てられませんよね :no:
これは、何度言っても言い過ぎではない!

ただ、あらかじめ問いに期限が含まれるようなものなら可能。
例えば、
4月までに大地震が起こるの予兆が検知されていたが当るか とか
前期の営業成績は達成するか とかは有効。逆に
自分から勝手に、2015年に地震がありますか と時間を切るのは無理。
ケルトでは、悩みや問題の詳細と成り行きがよくわかりますが、
それが、今年か来年かというのは他の占いで補足するしかないの。

最新鋭の研究に出ていた兆候は確かだと信じた上で、
確かに検知されていた兆候の通りになるのかを調べることは出来ます。

20150203

すると現在には【審判】ですね。これは、病気の回復は勿論、
色んな意味で、状況が良くなったことを示すときに出ます。
回復なんて、まさにピッタリですね。

姿勢や抱負の3番には【恋人】。4番にも【女帝】。
見るからに、現状には朗報ですよ。密かに小さな恵みもあり、
私たち人間にとっては、願ってもない好影響があるといえる。
それもあってですね。近い未来には【棒4】で平和
ホッと一息つけるような状態をさします。
爆発的なエネルギーは、少しどこかに発散されたのかもね :luck:

2番の助力や障害には【剣2】で、相殺やバランスを示し

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました