コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

四隅を気にかける意味解説

この記事は約3分で読めます。

1月は誰もが新しい年へと切り替わる過程、
まだ昨年の気分から移行している最中です。
運といえど一日を境に急転はしません。
まず1月の課題をしっかり満たしましょう。
きっと良い方向性へ導こうとしてくれています。

ホロスコープ画像をだしてみてください。
自分の四隅もチェックしてみましょう。
四隅の活用を知れば、もっと吉運がでます。

四隅のアドバイスに潜む意味

ホロスコープには運勢自体の吉凶と、
アドバイスとして出ているカードがありますが、
アドバイスに出ているカードが悪い時には、
気にかけねばならない重要なことが隠れている ::ne

それは悪い出来事が起きるとはいえなくても
私たちの心境が正しく整っていかない懸念です。
今回の【剣7】【金貨7】だと確実に心配あり。
ここで上手く過ごせるよう意識することが大切。

個々の面では良い大アルカナのほうが断然多く、
小アルカナの凶運に負けることはないかもですが、
マイナス影響があるのは確かなのです。
小さなマイナス発想も意外と集中を欠く原因です。

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました