家相は、生年月日や名前に次ぐ強い運気で、住み続けることで影響が強く出ます。吉運にもなるし、生まれつき足りない運を補うことも可能。家相について解説しておきます。
私が占うお手本から学ぶのもあり。質問しながら自分で練習するのもあり。徹底的に占い実例収集と、目標達成への道をつかもう。

ぷちタロでトータルな吉運を探そう

今日は、占いの精度をどんどん上げていき、
もっと自信がもてるように進めたいと思います。1つは、
手あたり次第ではなく、自分の意志を色々変えてみよう。
と昨日の問い作成のときに書きましたね。

ぷちタロで吉運がある選択を見つけるには、自分が方向性を決める必要がある「ぷちタロ」。だからこそ問いが上手いかで吉運発見の可能性が決まってくる。今回は、何を聞いてもNGしかないときの修正法です。

何を尋ねてもNGとなるときには、問いを修正します。
けれど、タロットは意志がないものを占っても反映せず、
意味もなくカードを並べたにすぎなくなってしまう。
やる気も意志もない架空のものはナンセンスです。

答えを見つけようと手あたり次第では的外れになる。
新しい方向を見つけたら、進める意志を持って占おう。
ちょっとだけでも「いいかも」と意志や関心を持つ意識です。

合わせ技で精度の高い吉運へ

良い流れに乗れば、良いつながりがでる。
悪い流れに乗れば、悪いつながりがでる。
ほとんど人生は、このつながりです。

頭で考えたベストを、自分で通したくなるのを抑え
Golden Dawnを信じてヒントにしてみることで、
良いつながり、良いタイミングを感じることが増えます。

・行動を起こすか、起こさないか
・食べるか、食べないか
・買うか、買わないか  など

ケルトと違い簡単だから、簡単に問いがちです。
でもケルトの10枚分を1枚に集約するのだから、
答えのイエス・ノーを明確にしていくのが正解。

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
スポンサーリンク
スポンサー
Translate(翻訳) »