朗報を呼ぶ祈念方法をおさらい(2)

この記事は約2分で読めます。

朝晩、周囲の幸運をお祈りすることが実り、
それが祈っている自分に幸運として戻ってくる。

それは、ある種の当たり前として存在していました。
けれど・・・意識が薄らいでるのかも・・・。
それだけ窮地には陥っていない?
だから神頼みなど要らんということなのかな。
しかーーーーーーーーーーし、しないと損でしょう。
 
これまで裁判、不動産、役所の手続き等、
現実的に不可能と思えることが一瞬で変化し、
誰から見ても無理だと思えて普通なことが、
突然変異のように嬉しい流れに変わりました。

まさに、私が祈って信じていた通りに!
いいえ、それ以上の驚くべき良い流れに変わってきた。
難しいかどうかは全く関係なく叶います。
神様が駒を動かすくらい、いとも簡単だと思い出そう。

中でも、もっとも反応が早いのが問題の好転や消去 ::ne
原因として考えられるのは、いわれのない攻撃や問題ほど
祈念する側が、好転して当然と信じ切るからでしょう。
すぐにでも問題が消えて当然と信じる力が影響してる。

問題を消去する祈念を試そう

これだけはいっておく。
問題を抱えているときには、頭で考えて有効策を練る。
けれど大抵の場合に、奇跡と呼ぶ流れがありません :no:
所詮、周囲のすべてを見通せるのは神様だけです。

すごく苦しく、ストレス満タンだとする。
恨みも不満も山盛りあるかもしれませんが、
素直にこう唱えて、気分が変わるまでイメトレしましょう。

  1. 神様がただの悪いことは事前に消去してくださいます。
    私には、ただの悪いことは起こりません。けれど、
    どうしても良いことの為に必要な悪いことならば、
    (神様が○○さんの行いを許可したのであれば)
    ちゃんと受け入れて適切に対処いたします。
  2. 完全に神様に預けたイメージを作ります。
    事実として問題が過ぎ去り嬉しい結果があるとか
    経過は気に留めず、不安が消えたとイメージすること。
    最低でも「お任せしたからアレコレ考えない」と決める。
    そう感じられたら祈念の力が働き始めます。
  3. 一日に何度でも、その件を思い出すたび繰り返す。
    一瞬でも不安がでたら切り返す。
    それを動きが出るまで何日でも繰り返す。
  4. 祈念しあえる友人関係があればベストです。
    祈念を交換して行うと信じ切りやすい。
  5. 朝晩5分でも良いので必ず繰り返す。

正しく行えているかがポイントです。
上の条件を常にチェックし最善の力を発信すれば、
適切なところで適切な動きが起きてきます :heart:

疑念を完全に消すよう気をつけておきましょう。
問題は必ず去り、嬉しいニュースが届くはずですよ。

タイトルとURLをコピーしました