今日の運チェック!
       

心がけは頭でするものではない

イライラ・否定的
この記事は約3分で読めます。

2015年のワールドカップラグビーで日本の快挙の裏側を
密着していた番組を見ました。4年計画だったそうです。
悩み、苦しみ、地獄のように過酷な練習をこなし
外国人選手が、君が代の練習を率先して始めたり、
徐々に素晴らしいチームへと一致団結していった。
ほぼ合宿という環境で、たいへんな人間模様がありました 😯

キャプテンとしてスタートし、4年の間に若手の台頭により
キャプテンを外され、途中からは試合にでられなくなった方も、
悔しさは堪えてチームに尽くした。自分の仕事をやり遂げた。
五郎丸さんは最初、日本代表なのに外国人が大半なことで
対抗心もあり、監督にも周囲にも反発が強かったそうです。

チームがメンタルコーチを取り入れたときの話です。

20190529a

五郎丸さんは「自分には必要ない」と思った。
目に見えないものに対して努力するのは嫌い。
だから断わるつもりだった。よくわかります。
私も、そういうところがあります。具体的でないと嫌だ。

単なる心がけでは、現実に対して無力だと思うのです
心がけという心の問題を内向きに考えて何になると思う。
日常の中で具体的に取り組まねば成果など出ませんわ :syun:

職場で嫌な人がいるとか、仕事内容が不満だとか、
婚活がうまくいかないとか、目標達成が進まないとか、
どれもこれも具体的に補うべきことがあり運が開けます。
そうでないと運が良いときがきても、願いが勝手に叶う訳ない。
それを見てきました。

今もそうです。頭の中で早起きしてて何になる?
実際に早起きをしてみること。出来るように工夫すること。
そこから育ってくる変化を感じています :kira:

最後はメンタルです。でもメンタルが発揮できるのは、
その裏に、現実で裏打ちされた自信があるからです。

課題が出されるとき、納得できず軋轢もあるはず。
時に、それを頑張る意味も感じなかったりします :no:

でも同じ考えをしていたら
同じ結果しか生まない。

そういわれて、結果を目指して頑張ったチームなのです。

彼らはメンタルトレーニングを受け入れ進化しました。
必要ないと思っていた五郎丸さんも、
その方法が具体的な課題だと知りやり始めました。
結果、精度も上がりプレッシャーも一切なくなったそうです。

確かに私たちも不快や停滞に強くなりますよね :usi:



言われていることを守り、必死で練習を重ねれば、
以前は通用しなかったことが出来るまでに進化しました。
最後に立て役者となった新人も、自分の得意技を禁じられ、
自分の良い所を封じられたままで、4年間ずっと悩みました。
絶対にするな!それは南アフリカには通用しないと言われた。

素直で優しい性格の彼は、戸惑うことばかりだったようです。
「なぜ、あの時に、そのプレーをしたのか」と常に聞かれて迷い・・。
自分の考えが出せず。しかし4年がたち、彼にチャンスが来た。
ケガで出場できない選手に代わり出ることになったそうです。

そこで4年間封じられていたプレーを戦略的に解禁し
逆転トライへのアシストを見事に決めたのでした。
「失敗したら、どうしようとか思わなかった」と語っていました。
自分の課題を全うしていけば、ダメじゃなくなってくる :bikkuri:

心がけとは、日常の中で培っていくもの。
納得できないからやらないとか、自分には必要ないとか、
そうしている限り、同じ流れが続いていくでしょう。

成功している人は多くを取り入れています :good:
自分の伸びしろを補う導きがGolden Dawnにはある。
心がけは頭でするものではない。実行の中に活かすもの。
何度も何度もやっているうちに、勝負の時がやってくる。
おもしろい課題など、そうそうなくても取り組みましょね。

タイトルとURLをコピーしました