自分の感情が最高の判断基準になる

この記事は約3分で読めます。

講座をスタートして早7年。
大アルカナの感覚は、完全に呼び出せる人も増えた。
そして小アルカナのルールをマスターしながら、
同じように小アルカナの感覚を体験していきます。

小アルカナを本当に発見していけば運が変わります。
だって、詳細に出る運の半分以上が小アルカナです。

感覚からくる体験が大事な理由は…
文言や説明は、あくまでリアルなカード内容を、
文字に置き換えているわけです。それに比べて、
カードの感覚を思い出すときは、リアルです。
発見が何倍も違ってくるから、感覚を主にしましょう。

考えて予測しても想定通りにならないことが多いから、
頭で考えるよりも、直接つかむほうがよい。

感情が、それを可能にしてくれます

私の4月には、隣人知人運に【聖杯8】が出ています。
これを直接つかもうと意識しているところです。

聖杯8は、基本が悪い意味よね。
まず、基本の意味をリアルに役作りするのがスタートです。
やる気がなく、良いとこなく、ただなりゆきだけ。
そういう気分を自力で正確に作り上げてみること。

20190408a

ため息をついて「なんだかな~」と思ってみたり。
面倒臭くて、やる気がでない心情を作ったりして、
「お、まったく同じ心境やん :po: 」という現実を発見したら、
それを吉運に転じる対策を打つことが出来る!

とにかく、怠慢な気持ちを正確に作り出して、
進める意欲もなく、止めるでなく・・・ただ成り行き。
そんな気分に浸りながら、リアルな現実を掘り出すのです。

私の4月は、小アルカナルールで弱く出ています。
だから、本来の悪い意味が弱くなるのです。
惰性・下火・衰えが決定的にはなっていない状態
そうなりつつある』空気で気分を作ると正解。

次に、対策のために、
その気分が一新できたことをイメージします。
心からスッキリして、再スタートにハツラツとしている自分。
生き生きした状態になった爽快さを浮かべると、
それが、聖杯8の良い意味へ転化した状態です。

今回は、隣人知人か趣味や学習かをぷちりました。
結果、趣味や学習面で考えて良いという結論がでている。
https://putitaro.the-xx.com/11477/

意欲を失いつつある自分の気分が、どこにあるか。
リアルに心情を作っては、心の中を探っていくとよい。
完全に失ってはいず、失いつつあることです。

修正策を作り出すときにも、単に工夫や対策をして
自己満足していては路線が違うかもしれません。
正確に吉運へ転化できるよう見つけること
「おお!これだ!w(゜o゜)w 」という発見まで続けよう。

Golden Dawnは、 カードの気持ちが万人に共通します。

体験で得た感情は、そのまま万人に共通する。
誰かを占ったとしても、そのまま説明に活かせます。
男女、言語、立場が違おうと、気分は共通します。

カードに付着する気分を学ぶという経験は、
世界中の人に役立つ経験なのよ。そこから、
幸運な選択や修正を引き出す術にもなる。
気分は、思ってる以上に人生を左右しています :kira:
人生を修正し、選択肢を見つけるなのです。

感情があやふやで役に立たないのじゃない。
自分次第で最高のものになるでしょう。
毎月の学びを大切に過ごしてくださいね。