今日の運チェック!
       

心を込めて目標達成へ近づこう

タロットな雑談
この記事は約4分で読めます。

BSのザ・インタビューという番組を録画設定してあると
毎週、「この人か」とう感じで録画されています。
たまに、あまり関心がない人もいて・・・先日は千昌夫。
一応見てみたら、やっぱり成功している人は凄いですね。
星影のワルツは彼の涙ぐましい努力でヒットしたと知らず、
驚きました 😯

「千昌夫って誰??」という人もいるでしょう。
まぁ、とにかく歌手になりたくて有名作曲家の元へ直談判しに
17歳の時に岩手から上京して遠藤実先生を尋ねたようです。
まだまだ子供、言うこと、することが、ことごとく失礼で・・・
先生が何度も途中で怒ったらしいですが、
何が何でもチャンスを活かさねばという必死さもあり、
声の響きが良かったことで卒業後に弟子入りを許されました。

何が何でも歌手になるという根性を感じましたわ。
彼は、それだけの努力を後にもしていくことになります。

20190218a

けれど内弟子になり順風満帆かと思いきや・・・
レコード3枚を出した頃、先生の家を出る破目になります。
先生不在時の態度について誰かが話したことが
嘘か本当か彼はそんなことはないと言っていましたが、
先生の逆鱗にふれてしまいました。

でも、ちょうど傍で聞いていたある有名人が、
彼を預かりたいと言って下さり、先生の家を出ることになる。
3枚のシングル(6曲)のみで、どうにかするしかないと思ったそうです。
「もう終わりだ :gakkuri: 」と思わなかったのがすごいと思いません?
普通だと吹聴した相手を恨み、言い訳しか浮かばないかも・・・。

けれど彼は
この6曲のなかにチャンスがあるんだろう」と思った。
来る日も来る日も、朝昼晩、その曲を聞き続けたそうです。
そしてある日、星影のワルツを「なんか良い歌だな :heart: 」と
しみじみ感じ、この1曲に賭けるんだ!そう決めた。

後がない彼。そうは言っても・・・
プロダクションに所属しておらずマネージャーもいない :gusu:
自分でやるしかない。普通は、ここで挫折するはず。

すると、そのころ有線放送局が出来始めていて、
都内に30数件あったそうで、そこを全部回り始めます。
歌手がその場へ出向き、生で歌うと喜んでくれました :good:

けれどお金もないし、毎日は行けません。
そこでレコード会社の外線を使い、毎日、放送局に電話した。
毎日毎日、「千昌夫です」とご挨拶の電話をして
「リクエストが無くなったら星影のワルツをかけてください」
と続けたそうです。この一生懸命さがすごいですよね。
前しか向いてません(笑)。

すると徐々に、この曲なんというの?と問い合わせが入り、
1年半後には、ある放送局で1位や2位になってきました。
ほんと凄いです。目標の為に出来ることは全部やってはる。

でもお金がぜんぜんありません。

なので、池袋のバーテン募集を見て雇ってもらい、
ジュークボックスが空いたら店のコインで星影のワルツをかける。
しょっちゅう星影のワルツをかけていたそうです(笑)
偉い!

でも、その仕事が終わっても終わりじゃない。
今度は、終電に乗り、ギターをもって流しをします。
歌を歌いレコードを売リ歩いていたそうです。・・・すると、
「良い歌だ」と、手持ちのレコード50枚を全部を買って貰えたり、
そんなことを続けているうちに、レコード会社の在庫がなくなった。

そこまでやったのですよw(゜o゜)w

するとある日、遠藤実先生が岡山に行ったとき
芸者さんが、星影のワルツが大好きと熱心に話したそうです。
「先生が作ったのですよね :love: 」と大ファンだと話しました。
そこまで自分でヒットさせていたからです。それを期に、
あれ以来ずーーと会っていなかった先生から電話が貰えます。

先生に星影のワルツを歌うよう言われ、歌うと
先生は、伴奏を突然止めて
「千くん、なぜ今までそういう風に歌えなかったんだ」と
泣いて抱き着いてきたそうです。

成功の秘訣は、ひとつのことを心を込めて頑張った根性
良い人と出会い、沢山の人に可愛がってもらったと言いました。

それすごく分かります。
6曲をひたすら聞き続けて、答えを見い出したことも、
星影のワルツに決めたら、どんな努力もいとわなかったことも、
北国の春がヒットしたときの地味なコートと鞄も、
彼が決めました。

皆と同じタキシードでは目立たないと考えたそうです。
曲をヒットさせたい気持ちも、歌手になりたい時も、
目標へ向けて出来ることを考えています。依頼心ではない。
そういう姿勢が、良いご縁をもたらすのを見てきました。

真剣な姿勢は行動に出すべきです。
良い選択を私たちは選ぶことが出来ますから、
目標達成へとGolden Dawnを活用して進みましょう。

熱意の力を彼に教えて貰いました。

彼は、厳しい状況で可能なこと全てを実行しました。
厳しい環境になったから、より真剣になれたのか。
それが出来たら、私たちも希望実現は近づくでしょう。
みんな、頑張ってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました