意志の占いとよぶ「ぷちタロットの真意」

この記事は約3分で読めます。

こう毎月が集中しないとやばいとなると、
普段はマイナスになる恐れが形を変えます。
「より完璧に整備しておこう」と良い習慣に👍
今までは平和ボケしてたんでしょうか(笑)。

私もショックには襲われたくないですから、
ショック系のカードがでている月は、
ただの悪いことは絶対にないと身構えるの。
加え、「やれることはやっておく」と完璧。

 

もちろん、良い選択もしたい!
だからぷちタロットを活用します。

 

 

先日もプログラム改造で次に進んでいくときに
企画書を書いてから進めようと思いました。
だいたいの仕様は決まっていても細かい部分で
別のスクリプトが必要になったりするからね。
ぶつかりそうな問題を把握しておくのも良い。

すると結果は【太陽】です。
太陽がでると常に意欲や楽しさなど
気持ちが前に出せていくカードです💨
エネルギーのカードだけど疲れはなく、
楽しんで進めていけると読めば正解。

ただ・・・
候補が他にもあったのよね。

ぷちタロットの選択は1つではない

ぷちタロには意志が大事なのは間違いありません。
自分の意志がないものを「~してよいですか?」と
尋ねても、やる気がないならナンセンスなのです。
本音の中の本音を見つけ出して問いましょう。

だったら選択肢として複数あっても
それが本音なのなら悪くありません👍
その日は、よく慣れたスクリプトでしたし、
企画書にまとめなくても出来る可能性がある。

そこでぶっつけでやってみる と占ったの。
すると答えは太鼓判の【審判】でした。ほらね。
審判がでたなら、やってみる価値がある。
その意志で進めてみる価値がある。
太陽も捨てがたい吉運です。

企画をきっちりと決めてから、
その通りにビシっと1度で決めるのもあり。
ぶっつけでエラーを修正しながら完成もあり。
どちらが時短かも、今回の件では差異がないです。

結果、
その日は審判の太鼓判があるので、
まずは企画書にまとめず直で修正し始め、
途中で少しややこしく思った場合にだけ、
紙に書いて考えようとスタートしました。

途中で何度かエラーを修正しましたが
企画の出番はありませんでした(⌒∇⌒)
さすが審判。

ぷちタロットの占い方おさらい

ぷちタロットは意志の占いだから、
意志もないのにアレコレ占い「良いと出たのを使おう」
というなら無効です。進める気がそもそもないなら、
進めた未来ということ自体がナンセンスだからよ。

逆に
複数の選択肢が意志としてあるなら、
それらを比べてみるのは良いでしょう。
意志の占いの真意です。
ぷちって進めるとデータ収集にもなるし、
すばらしい指針となるでしょう。活用、活用(⌒∇⌒)