今日の運チェック!
       

時間と空間の関係

タロットな雑談
この記事は約3分で読めます。

タロットの講座をはじめてからは、時間と空間の関係が
タロットの時間性のアバウトさと、状況変化の細かさに
間違いなく影響しているのが理解でき、
なんとか、まとめられないかと思っているのだけど、
そう即席に上手くまとまりません。でも、
来年のひとつの課題として時間と空間をまとめて、
上手くいけば、調和した展開法ができないものかと考えます。

この時間と空間の概念はおもしろいですよ。
時間と空間、光と闇についてちょっと書いてみましょうか :kira:

時間というのは、魂の世界を示します。
時系列=変化や進化と関連した『善と悪』が強く影響する世界。
魂が善に傾いたり、悪に傾いたりと、瞬時に変化する世界です。
その変化や進化を『時間』と表現するの ☝

進化が善で、退化が悪とすれば….
進化は動のカードが出て善、退化は静のカードで悪、
という風に表現できますよねd(^_^o) 言い方を別様に
『進化は善で、動のカードで表現』 されるともいえます。
死後の世界というと、もちろん魂の世界なのですから、
それを天国と地獄でイメージするのは的確ですよね。

20131130a


閻魔様に決められるのじゃなく、きっと自分でぷちるのだと思う。
あぁ〜、そうなったら納得するっきゃないよ。怖いよ〜。
今、死んじゃったら善だと胸を張って言う自信ないし :ase:

そして空間というのは、それ単体では善でも悪でもない
隣人、兄弟、私という横の関係。
バラバラに並存している外的存在の集まりを示します。
その相対関係を通して、善か悪かに私たちが自らなっちゃう意味。
だから、不愉快を『罠』と称して、怒り狂ったりしないのは良いこと :good:
皆が自らあみだした気分転換法は、多くの場合に有効ですし、
時間と空間は、内面世界と外界と言い換えられるのです。

時間世界(魂の世界)の土台はという数字にあり「光」に関連、
空間世界(物質世界)の土台は12という数字で「闇」に関連する。

そう記されています。
創造の七日間とか、一週間とか、1年とか1日とか
十二支とか、黄道十二宮とか、色々あるね。
漠然とでも、魂世界に関連するのか物質に関連するのか、
想像が広がりますね 💡

物質は、縦横高さという3次元の質量を持っていますね。
それは鉄であろうがプラスチックであろうが、
科学的見地では、一定量の「闇」が存在するだけ。
魂界の存在にとって、その物質的質量は空洞だといいます。
単なる闇である質量。その闇に光存在は入り込むことができる :bafu:
もちろん、光存在とは魂のことですね〜。

肉体も一定量の闇でしかない物質質量に、光である魂が入りこめる。
そう思うと、よく臨死体験とかで表現されているものが近くなる。
物質質量から抜け出た魂は、光なのですもん。
「オラ、光に包まれてただ!」 と誰かが言ったとしても、
嘘でも勘違いでもアホでもないと思ってあげましょう。

しかし、その光は物質世界の光と違うのは承知してくださいね。
そもそも物質がないと、物質世界の光は透明で見えません。
宇宙空間は、障害物がないと真っ暗ですもんね。

でも、魂世界の光は「光の実態」という感じです。
簡単に「なるほど」という感じにならないとは思いますが、
たまには、ちょっとだけこういうのもいいかなと思った :ehe:

とにかく、空間世界での質量は、それ自体では善でも悪でもない!
それを、どういう風に考えて対応するかですね。

タイトルとURLをコピーしました