コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

【剣5】ササっと折れて見せる余裕

この記事は約2分で読めます。

私は今日もweb制作の続きで何項目か予定し、
半分ほどは進みました。毎日、ハードルだらけ。
すぐに出来ると思ったことが何時間もかかります。

webのことをすると占うよりも疲れます。
よって休憩は小まめにとっているのです。
切り替えにTVも見るのですが・・・・
西村大臣の大阪府知事に対する発言「聞いた?」
見てて恥ずかしかったです。俺は大臣様だって感じ?
「あほちゃう?」と思わずTVに突っ込んでしまったわ。

先ほど、黒岩県知事と吉村府知事が生出演してて、
そこで吉村大阪府知事は若いのに賢すぎると、
元三重県知事の北川さんがおっしゃってました。
もっと反撃するのを期待されてたみたいです(笑)。

こういうシチュエーションが時々あるな〜と、
ふと思い出しました。厄介な輩が周囲にいるとき、
うちのユーザーさんがよく言う言葉を思い出したの。

客観視で見えてくる

いくらでも反論する余地はあるのです。
だけど一緒になりたくないでしょう。
あれと同じに見えちゃうってことよ。そりゃ嫌よね。
そういう人と同じ土俵に上るの嫌やん。

すれば結局は同じにみられちゃうのです。
まともな人が見たら誰でも同じことを思うのです。
わざわざ反撃しなくても、まともな人はわかっています。

それがGolden Dawnでは【剣5】

否定的な態度に出るより、正しい方が折れる。
すると「さすが!」となり人として上に見られます。
それを吉村府知事はサラっとやってのけた。
お手本のようでしたよ。よく見えていらっしゃる(笑)。

日々、いろんなシーンで似たことがあるかもしれない。
前もって剣5がでていると自分が同じ状況でも
構えに構えて余裕で処理できることもありますが、
少し油断してるとイラっとして同じ土俵に上がりかけます。

吉村府知事が偉いのは、ササっと折れて見せたけど
意見は、きちんと今後も言っていかれるつもりです。
相手が不快感を出したら、その不快には謝ってあげる。
「そこはゴメンね」なの。

そんな余裕があっても構いません・・・っていうか、
いつでもメンタルに余裕を持ってて損はない。

謝る=言いなりではない。
謝る=負けでもありません。
謝る=怒ってはる人に対する余裕です。
周囲に困った人がいるなら忘れないでね。
それが剣5が示すことです。

明日も、ありんこのような1歩を進めます。
大きな希望を持ちつつアリンコ上等で行きます!

タイトルとURLをコピーしました