家相は、生年月日や名前に次ぐ強い運気で、住み続けることで影響が強く出ます。吉運にもなるし、生まれつき足りない運を補うことも可能。家相について解説しておきます。
来年のことを言うと鬼が笑うというけれど、 来年1月の話をしておこうと思います。 正式な新年は2月4日18時ごろ。 2020年1月の月運の星は「丁丑」、2月は「戊寅」。 1月6日を境に年運の星(...

2020年向け「運勢活用のヒント」

来年のことを言うと鬼が笑うというけれど、
来年1月の話をしておこうと思います。
正式な新年は2月4日18時ごろ。

2020年1月の月運の星は「丁丑」、2月は「戊寅」。
1月6日を境に年運の星(土)も月運の星(火)も変化します。

年運は土から金へ。月運は火から土へ。
各自、自分の星との関係性が変わる区切りの年です。
要するに、吉運か凶運かそこそこなのか、
そこを区切りに変わってくるの。

  1. 最後の最後まで今年を万全にして次か。
  2. 早めに来年の流れを知って準備するか。
2020年運勢を活用するヒント

大晦日は、年をまたいでいるように見えるけど、
実際には、2月に年運月運ともに年をまたぎます。
そろそろ来年の運勢予約が始まりますから、
ベストなタイミングで自分が動きやすいよう考えてね。

以下は、自分の星を参考にしてください。

Aグループ
・早めに2020年の懸念や抱負の対策を
12月1月⇒無理なく動くか次の準備。
2月10日までに積極行動は済ませよう。

Bグループ
・早めに2020年の抱負や目標の準備
年末年始は無理な行動厳禁。
希望を実現させるため具体的に占うほど良い
Wプランを活用しましょう

Cグループ
・状況により新年か年内か決めて占おう
12月1月⇒最後までできることしよう。
ここ数年に努力した人は納得してから来年へ
特にないなら年内に流れをチェックしましょう。

Dグループ
・どのタイミングで占ってもよい
12月1月⇒無理せず、慌てず
希望を実現を具体的に占うほど良い
Wプランを活用しましょう

Eグループ
・どのタイミングで占ってもよい
長期計画の願望を対策しよう
12月1月を含め2月3日まで積極行動は避けよう。
ちなみに私はAグループです。
運勢結果として送るときは、ここに書くよりも強い
「大運」という10年間影響する星も考慮されています。
けれど今回は、年末年始の切り替わりについて
どう捉えるかを念頭に書いています。

私はAグループ。Aグループは来年から2年間
現実生活に根差したことに取り組む流れなので、
それなりに力は消費する。よって準備が大事です。
だから早めに状況を見ておくほうがよいとなる。
起きてくる流れに対策できるかという周期なのです。

星が変わると、この数年の流れも変わります。
最大限に活用したいかたは参考にしてください。
WEBからのお申し込みは↓リンクから。

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...
Golden Dawnカード購入「日本語表示」

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
スリーカードで時間の感覚を想定するよう大アルカナ各種のイメージを呼び出せば、結果と同時に「いつごろか」が読めるようになる。そのための正しい問いも必要なので解説します。
Translate(翻訳) »