カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

マイペースな人へ鏡返ししてみる

この記事は約3分で読めます。

あんまり人が良いと、ズーズーしい人がはびこる。
かといって同じ土俵に降りていくのは違うかも :syun:

失礼な言動や迷惑行為は、あちこちにあるもの。
それをいかに上手くかわして楽しくいられるかです。
毎日、顔を合わせる関係も、時々の人も、
初対面な人に対しても、同じ身構えでよろしい。

自分ペースの人にどう対するか

腹を立てる要素が、そこにあるとき、出てきたとき、
普通はストレートに気持ちを投げ返したくなるでしょう。
だけど、悪意がないかもしれないとか・・・
無知なだけかもと、へんに遠慮が働いたりする。

その躊躇もしんどいんですよ~

20190904a

覚えておこう。
対応は、怒るか・怒りを抑えるかの2択ではない。

  1. 当然、怒るべきことだとして怒る(感情のまま)
  2. 痛くも痒くもないとする(抑制・スルー)
  3. 自分が楽しむ(自分のペース)

から選べます。
3もやってみましょう(⌒∇⌒)

無防備に相手ペースにハマったら疲れてしまう :gya:
すると『こうしてほしい。こうするべきだ。』と怒りがち。
・・・でもね。合わせてるのも自分の勝手かもしれん :stop:
良い人でありたいのか、せねばいけないと強いてるのか。

自由にしても何も悪くないのです。
何も悪くないと自覚しよう。それも大事。

 

例えば、厄介な相手と同じ土俵に降りたくはない。
それは分かる。でも、同じようなことは出来るかも。
合わせるのでなく、自分も好きなようにしようは可能。
出来る限り、そのためのchanceを作りましょう。
相手を倣ってみるわけです。

「~せねばならない」と思わず、楽にしてみること。
直接、相手を怒らせること以外すべてOK。

そもそも、何かを頑張っているときは、
どんなに少なくても自主性と楽しさがなくてはダメ。
やらされてると感じたら、一時撤退して疲れを癒そう。
もし、自分がペースを作ることで相手が乱れるなら、
さっきまでの状況と立場が逆転したにすぎません。

どういう風にでてくるのかチラ見しておこう。

自分と同じように機嫌が悪くなるのか。
そうなったら素早く「どうしたの?」と聞いてあげよう。
そこで自分への文句がでてきたら、すぐに謝りつつ
その後で、「忙しいのに偉いな~ と思った」とか、
自分のペースでしっかり充実できてるように見えたなど
本来は、迷惑に思っていた点をほめながら、
自分も出来るかやってみたと動機を説明してみます。

お伺いぽく話すと良い。
多少、ほめながら嫌味にならない演技力が必要(笑)
ほめて育てるとは、よく言うたもんですが・・
鏡のように客観的に似せてみる効果は昔からあります。

鏡返しで、少しでもペースが変われば儲けものですし、
そうでなくても自分に楽しさが増やせたら儲けものよ。

タイトルとURLをコピーしました