営業日記1「困った人」

この記事は約2分で読めます。

営業経験があればわかると思いますが、
まぁ、占い師で営業をするのは苦労がつきもの。
これ完全に雑談なんだけど、本日は内容があれなので(笑)
購読者のみが全文読めるようにしたいと思います。

いや、もう、昨夜の余韻が残っている私です。
占いの営業は本当に大変で、第一に相手は占い目当てじゃないこと。
そして、酔っ払ってる人が多いこと。当然ですわ。飲んではるから(笑)。

昨夜は、来るなり反応を示してくれた方が、テーブルに呼んでくださり、
「まぁ、飲みぃや」となって、お店への協力もあり頂きましたが、
まぁ、その後からだんだん口説いてくる、口説いてくるったら :dissa:
もう、めちゃくちゃ口説いてくるんですよ。
適当にかわすのですが、真顔で「付き合って」と詰め寄る、詰め寄る。
好きでもないおつまみを「これ食べろ」と押付ける押付ける(笑)。

占いがなかなか出来ないでいると、お連れさまが依頼してくださり、
次の店へ寄る約束があったので去りましたが、
男は顔じゃないと再確認しました。
めっちゃめっちゃ詰め寄ってくる人は、スケベで押し付けがましいけど、
ルックスは、かなり上品な風貌のナイスミドル。イケメンです。
お連れさまは、ぴかぴかなのだけど話をよく聞き、柔和で親切。
後者が社長でした。やっぱり。。。
男は中身だと実感させてくれましたわ :ase:

私は女性に投資できない男はいりません。
しかも、ストレートに100%体目当てなんですから驚き 8-O
しかし、あんなに執拗に口説かれたの初めてですわ。
ただ、営業に出てから”占ってもらったことが一度もない”
という方を何人も占わせてもらえました。
興味がなく、半信半疑の知的脳の方に仕事をするのは、
良い経験になりますね。根性のない人には辛い仕事だと思いますが(笑)。

タイトルとURLをコピーしました