現状に合う幸運の祈念

この記事は約3分で読めます。

ここで「よっしゃーーーー!ヾ(≧▽≦)ノ」と
ガッツポーズを決めたい人っている?
運勢ユーザーさんは、これまでに信じがたいようなラッキーを
うまく招けて願いが届いたと実感したことがありましたよね。

それを引き出せたときのことを思い出せればいいけど、
いったい、どうやったのか、まったく同じに出来ないのが辛い。
祈念が効くときと効かないときが確実にあるわけです。

効かないときの自分の様子は多分・・・
頭がゴチャゴチャして収拾できてない。ゆとりがない :ase:
それは、信じてない証拠やねん。
思えば、祈念しているのに全然楽になってないなら
必死すぎたり、没頭すぎたりで、ゆとりが足りません。
力をうまく抜いていたら奇跡がやってきます

20190705a

ケルトの問いでもよく見かけます ::ne
形容詞をつけまくるような問いを作る時。
複数の希望や念押しをつけまくる心情では、
良い占いもできませんし、祈念もほとんど効きません。
吉運に必要な爽やかさがあるかが鍵なのです。

その時に合う方法を見つけることが大事。

問題を再確認する祈念法
二者択一の願いをする祈念法
から選ぼう。

問題を再確認する祈念法

  1. どうしたいという希望を白紙にしよう
    要望も不安からくる注文も念押しも白紙にしてみる。
  2. 素直に厳しい現状だけを「要望抜きで」伝える。
    自分はこういう状況にありますと素直な気持ちで、
    神様に伝えてみるのをスタートにしてみましょう。
  3. この祈念が合っていれば、注文をしまくっていた気分が消え、
    素直な気持ちで「神様に問題を預けた」という心境になれる。
    そうすると、吉運に必要な爽やかさが復活してきます。
    爽やかさがでたら、解決のヒントや動きがあると信じる。
  4. 時々、同じように念じて爽やかな気分で待ちましょう。

二者択一の願いをする祈念法

自分の要望か、もしくはお勧めの結果を受け取ると念じる。
自分の希望があれば、「どうしたい」と明言した後に、
もしくは、それよりも、もっと良い神様のお勧めがあれば、
それを喜んで受け入れます と祈念する方法です。

問題の解決でも、希望を進めるためにも使えます。

選ぶポイントは…
どちらが、素直に気分よく祈念できるかです。
やってみたときの爽快感で決めましょう。
爽快に持ち込みやすいほうで頑張れ :good:

預けた後は、
身近にできることがあればする。
答えが来るまでに出来ることがあればする。
何もなければ、ひたすら平常心を保とうとする。
焦りや不安でドキドキが止まらないときも、
それを克服しようと頑張ると答えは届きます。

上手くいけば、当日から数日後にはヒントがでます。
ヒントを貰ったら、その方向で動けば解決できます。
久々の奇跡を体験して、景気づけしましょう

タイトルとURLをコピーしました