希望と現実の狭間で迷う時

この記事は約3分で読めます。

パソコンが使えなくなったときも、今回のトイレ修理も、
どうしようかと迷っている状態を突破するのは、これ ::ne

あれやこれやと考えている時間はアカン。
必要な考えや問い合わせは大事ですが、
バトンを渡したら後は神様に任せるのが一番 :pati:
何がって、そうすると、ポジティブな発想が湧いてきて、
悪い想定よりも、自分が想像した以上の良い想定になる。

それを重ねるごとに、自分の呼ぶラッキーに自信が持ててくる。
今回も、マジでーーーー と思う良い展開を呼べました。

20180422a

先日、近所の水道屋にトイレ修理の問い合わせをしたら、
複雑なのでリクシルから派遣してもらうのが良いと聞いた。
だから、ネットから見積もりをメールでお願いしてあったのですよ。
それが届いた日の夜に、すぐ依頼のメールをして・・・

1週間以内には、来てほしいな〜 と思いつつ、
でも、いつになるんだろうとか考えがちだった :tara:
何か、悪いことばかり考えちゃってた。
でも、朝になり神様にすべて預けようと決めて、
モヤモヤを晴らすべく、いつもの祈念をしたのです。

方法は、重要。こういう感じでしてください。

出来れば明日には来てほしいけど、
もし神様がすぐじゃないほうがよいというなら、
私はお預けして、いつでも構わない。
それが一番良いのだから(⌒∇⌒)

と、心からお任せするつもりにします。

 

その日また、朝からお隣がうるさくて、ちょっと頭も痛く・・・
あずきのチカラをチンしてお昼休憩し始めたら電話 :keitai:
もしやと思うと、リクシルの修理担当者でした。
そして、まさかまさかの展開。

近くまで来ているので、今からでも良かったらとのこと。
( ̄○ ̄;) マジか。ビックリでした。
めちゃ祈念が効いているでしょ。いつも、祈念したら効く。

メールでは、日程の打ち合わせをしてということだったから、
てっきり『何日後の何時なら空いてる』とかいう話と思ったら、
ちょうど近くに着て、今からなら時間が空いたの :good:
たまたま、早く作業が終わったということだった。
うちが終わったら、また三島に戻るということでしたヽ(^o^)丿

しかも、水漏れの原因は一か所でなく、
ちょろちょろ音が出ているのが気になってるのをいうと、
別の個所を分解して調べ、手当してくれましたよ。
今すぐパーツを変えねばいけないこともないのでと、
直してくれた。ついでにキッチンの蛇口も見てもらった。

そして、関西に10年間いたことがあるらしく、
私が大阪ではなさそうだから、京都ですかと聞かれた。
「それ素人さんの考えやわ~」と教えてあげました :pu:
強烈じゃないと京都だと思うという・・・。
大阪にも、普通の人も半分はいるんです。
覚えておくように言っておいたからね(笑)。

とにかく、本当に良い担当者でした。

こういう小さなことも自信にして次への勇気にできます。
皆も考えてもしゃーないと思うようなことに対して、
私がやったような祈念の方法は、とても良いですよ。
自分がどうしたい、こうしたいという我を逃れて、
自分の希望は一応こうだけど、神様に預けるとしよう。

そう本気で預けたら、こういう風な流れを呼びます。
これは、自分のプラス思考が呼んだ隙間です。
こういうことは、めっちゃ頻繁にあることよ。やってみて :heart:
心から預けきることがポイントです。

何度も何度も、こういうことは受講者たちに起きますが、
それでも新たなことには不安になるものです。
希望と現実の狭間で迷う時に、祈念が一番運を呼ぶ
それが、自分で幸運を呼べる自信にもなってきます :kira:

タイトルとURLをコピーしました