カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

「バッチリなもの」が出現するか

この記事は約3分で読めます。

年の瀬が迫ってから、今年の不甲斐なさに慌てるのは嫌だ :no:
慌てているときに限って、悪い縁をつかみやすい。
今のうちに実行できることはしておきましょうね。

現在、仕事を探しているかたがおります。
特に、やりたいことがあるでなく・・・漠然と迷います。
最初は余裕のつもりでも、2ヵ月たつと焦りがでる。
うん。仕事に限らず、決めないで良いのかと迷いますね。

でも、本音では誰でも「これだよ :kya: 」て思いたいでしょ。
そこで、これだと思えるバッチリなものを見つけるか、
今後の流れを出してみたスリーカードです。
ダメならダメで改善点が見つけられるはず!

20170906

すると過去には【魔術師】ですね。
大アルカナは単純といえば単純ですが、
それでも意味は、いくつかあります。迷わずにね。
この魔術師は、特に法王である現在の原因というよりも、
単に、過去の状態と読むのが妥当だと思う。

これまでの2ヵ月間、求人を見ては迷い。
応募してみようかと迷い。
やってみたら面接まで行けない :gakkuri:
そんな状況が変わりやすいという魔術師そのものだった。
このように出てみて本当に魔術師を実感したそうです。

・・・というのも、
当然ながら気に入ったところへ応募しますよね。
気に入らない仕事に応募することはないでしょう。
誘いだったら、気乗りしないくらいでも進めようと思えるけど・・。
仕事となると欲が出る。結果、期待するように進まずガッカリ続き。
そういう魔術師らしい過去だったようです :ase:

もう初心者でも、こういう意味は心に根付いたと思います。

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました