未来に眠る縁を捨てるな

この記事は約3分で読めます。

仕事を探している人のスリーカードを紹介しましたが、
仕事にせよ、恋愛にせよ、住宅にせよ、
そうなると何が怖いって、合わせようとすることかな。
今年、自分で家を建てるに至った方も、そうでした。
なかなか思うようにいかない時に、自分を押し殺しそうになる。

自分の〇〇では無理だ・・・ みたいにね。
〇〇には、実力とか年齢とか経済力とか容姿とか
自分が求めていることに対する勝手なマイナス用語が入ります。
ダメな理由は、ただ縁に巡り合ってないという事実のみ ::ne

未だというだけです。
時期が悪くてケルトを見てもダメだったなら無理せず。
ケルトが良かったなら、出た流れを意識して過ごしましょう。
ひたすらポジティブさを忘れずに。それが出来るかです。

20170906a

3つのことに例えてみますね。参考にしてほしい。

住宅を探しているなら、絶対に大事なのは下見でしょう。
見に行ったときに気に入って初めて「住みたい :doki: 」と思う。
それから、家賃や諸費用のことになるでしょう。
最初にネットで、条件検索していても決められません :no:
だって見に行ったら雰囲気が嫌だとか、環境が悪いとか、
まったく、その気にならないことってあります。
住みたいと思うかがスタートです。

恋愛だとしたら….

クラスや会社に募集中の人が何人いようと、
恋人がほしいからって選ばねばと思うのは無理がある。
2年3年と一緒にいて恋が芽生えるならありでしょうが、
マッチングパーティーで10人いようが20人いようが、
顔と雰囲気で、別に惹かれる点がないならば無理 :no:
魅力を感じて気に入ったら初めて、条件や内面でしょう。
条件や性格が良くても、惹かれる点がないならダメ。
事実、それが一番大事です。

仕事も、求人誌やネットで探せば、いくらでもある。
けれど、何か惹かれるものがないならば縁はない。
条件や都合だけで進めて、長続きする仕事はないです。
自分に合っているかよりも、惹かれるか否かでしょう。

どれも最初に、惹かれるという感覚が必要で、
何よりも、それが一番大事です :heart:
よく見かける失敗例は、無理にYesと言わそうとすること!

自分の気持ちは「Yes」と言わなかったのよ :syun:
それなのに、良いと思える部分を掘り出して見せる。

  • 日当たりが良い とか
  • 付き合ったら気が合うかも とか
  • 時給が良い とか

Yesという気持ちが芽生えるまで掘り出すぜ!
って、それ自分に対する拷問やろ(笑)。
「その前に、なぜ、そこまでしにゃアカンのか」って話。
未来に眠る縁を、捨てて良いのでしょうかって話。

だって、少し急ぐからって未来を捨てて良いのでしょうか。
ご縁に到達した人は、声を大にして言うでしょう。
もう少しだけ諦めるな!」。

何かピンとくる「住みたい」「付き合いたい」「働きたい」と
素直に感じることがあるとして、もう一度歩んでみましょう。
決め手がないとしたら、決める縁ではないのです。
次に行きましょう。
歩みを未来に進めましょう。
決断は未来にされると思えばよい。

心が反応するまでは、無理に反応させようとせずに!
それは、とても大事です :kira:

タイトルとURLをコピーしました