気重克服の正しい方法

この記事は約2分で読めます。

「ただの悪いことはない」と動きを変えて得た
最高潮の気分も永久には続かないものだと知っています。
それが、どうも弱くなってきたな〜 と余韻を楽しみつつ
消えるのを阻止したりと持ちこたえる方法を探しながら、
次の好調な波をもぎ取れるようにと考えたいですね。

やはりダメな部分を最善にすることが好転の鍵。
ただ・・それも動き待ちの運なら難しいよね :syun:
来る、来る、と待っている時間は本当にもどかしく、
心に悪影響が忍び寄ってくる!これをまず阻止せねばです。

良いことが出ているときに期待してばかりで
実際に有効な動きができずにモヤモヤする人がいます。
そんなことをしているうちに動きがでてきたら思うのよ。
これまでの数週間が勿体無かったな〜 って(笑)

無の境地で待てれば無駄もなく、やがて示されたこともやってくる。
その間を、いかに有効に待つかが大切なのです。

良い運気でも1ヶ月中ずっと盛り上がりっぱなしではないから
待ち時間は、しっかり意識を別に向けておきましょう。
そしてイメトレの時間だけ「ありがとう」とニコニコ顔を浮かべて
待ってたことがやってくるだろうとワクワクしてれば良い。
それが出来れば良いですが、それでも気分が上向かなければ

■大切なことは、喜びの原因を認識すること!

意識していた良くない運の解消が出来たのは良かった。
でもなぜ、対処できた後、急に気分が変わったのか?!
対処できたからだけではない何かがあったからです ::ne
喜びと絶好調を感じられた理由は、殻を破ったからよ。
自分には無理だと思っていたことが、以外にもすんなり出来た。
その喜びです。

20160221a

可能な範囲で対処したり、可能なことだけしている人が多く、
それは気分アップには直結しないことなのです :no:
苦手を避けれたら苦はないのですが・・・気重は残ります。
気重な感情は、常にマイナスとして残っている。

しかし、苦手をチャンスのあるとき自然にクリアしたら
自分にも出来るという喜びで、苦手意識が一瞬でも抹消され
気重さにつながれていた体が、解放されて羽が生えたように
心が軽くなり、可能性が広がり、希望が感じられるのです :kira:

時間が来たら気重さは、幾分か戻ってきて
もし、それが習性なら繰り返し克服せねば根絶は無理ですが、
だからこそ、戻りかけた気分に気づけばチャンスだと思おう。
また殻を破れる可能性へと、思いをはせると良いでしょう。

出来た自分を忘れないこと!
殻を破れば、また何度でも同じ感覚を体験できるのよ。
また、言い表しがたいような喜びと充実が戻ります。
苦手に希望を持て :hana:

タイトルとURLをコピーしました