家相は、生年月日や名前に次ぐ強い運気で、住み続けることで影響が強く出ます。吉運にもなるし、生まれつき足りない運を補うことも可能。家相について解説しておきます。
私が占うお手本から学ぶのもあり。質問しながら自分で練習するのもあり。徹底的に占い実例収集と、目標達成への道をつかもう。

2016貯金ができるか:【漠然】な展開を読みきろ う

貯金ができるかという問いは、ケルトで占うと良いですね。
ホロスコープでは、金運は出ますが貯金までは不明。
個々の問いに未来を示してくれるのはケルトが優れています。

来年の希望は、出来れば貯金をしたいということです。
その問いが「なるほど」と思える結果ですよね。
出来れば・・という弱い希望なのが見えるでしょう。
棒や大アルカナの意志を示すカードが全然ない。

20151128

まず、現在には企画や提案などプランニングの【聖杯Prince】
このカードは、もともと創造力やクリエイティブ系。
けれど、あくまで勢いよりも好奇心の方なのです :kira:

過去には【金貨8】で淡々とした積み重ね・堅実なカードですが
完全に良い意味とは限らない補足のない場所でしょ?
確実に、堅実だとは言い切れない状態の一般的な堅実さで、
大きな落ち度がないレベルと思えば良いでしょうかね。

そこから現状には、意志や抱負など未来への感覚を示す3番に【力】
内心は、相殺や不安からの回復を願うような【剣2】です。
なんとか来年は貯金できれば・・とプランする気持ちもわかりますね。
本人の実感は、かなり厳しいのでしょう。

今後の近い見通しには【金貨9】で、ここも補足の作用が曖昧。
マイナス作用ではないけれど、完全にプラスでもないのですが、
この部分の読みの興味深い点を見てもらいたいと思います。
・・・というのも…

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »