良い環境を切り開く術

この記事は約4分で読めます。

今日はリアルタイムで書いています。
お天気のよい日曜日です。一日法は【塔】でした。
しかし、6日前に出たときもギョッとすることはなく、
首も治りかけているから、張り切っているので
また逆戻りして辛い状況という意味にならないよう
気をつけながら過ごします。首はストール巻いてます。

先日起こった超失礼なことに対しては、考えが変わった :luck:
とりあえず、次に同じことがあれば3度目の正直で、
軽く一言は返すことだけ、頭のよいご近所さんに伝えるつもり。
それがまずいなら、別のアドバイスをくれるでしょう。

それにしても中心運の棒7ですが・・・
意味は、気持ちで引いたら負けとか、勇気とかヤル気とか、
いろんな意味で気合いが必要な難関を示しますが、
このカードの根本は、自分に自信を持てということなの。
その意味で、今日は神様が見ても合格点でしょうね :love:

例えば、スポーツとかはそうですね。
敵は勿論いるわけですが、勇気とか戦略とか心の強さが
勝負をほとんど分けるといって過言じゃない :bikkuri:
どこまで自分を保てるかで、弱気だと勝負はできません。
かといって、焦って攻めても失速します。
敵が強いとストレスがかかるから、普段どおりの力を出すには、
自分も普段と変わらない気持ちで堂々としていないと無理。

ストレスは、酸素量や心拍数にも影響しているでしょ?
棒7は、あらゆる意味で自分を保ち、自信をもち、
有利にことが運ぶように促すカードなのです。

上品さは絶対に失いたくありませんから、
「佐藤さん、おばさんにあんな仕返しして(~_~;)」 と、
品格を疑われないようにやりすぎはしない、と言うより
よく考えれば「失礼くらい痛くも痒くもないわ」と思ったw

思うに・・・
その人は、誰にでも失礼で頭の悪い人なのは承知なのです。
なのに、なぜ失礼な言動に腹が立ったか原因を考えてみると、
ここ何ヶ月かの間に、私が好きなご近所さんに対して、
ちょっと馬鹿にしたように聞こえる言動をされてるのが、
ずっと私の中で怒りとして眠っていたことに気づいたの。
それが、着火剤になり苛立ちがピークに来たのだと思う。

勘違いじゃなければご近所さんも良い気分でないはず。
それを「考えすぎかもしれない」と慎重になり、
受け流してしまっているのが駄目なのだと思いました。
友人のケアをするのは慎重でなくてよいのですよ。
気にしていないか、不愉快でなかったか気遣って、
気持ちを晴らしてあげる役割もしないといけないと思う。

それは、職場でもどこでも存在しますね。
本人が怒りをあらわにしないなら、誰もが見て見ぬふりで、
気にしていないと勝手に判断するような空気が蔓延している :no:
それが良いことだとは思えません。それがいじめの根本でもある。
原因が、自分の話したいことを何でも言ってしまう馬鹿でも、
気づかせてあげることもせず、言われたほうに配慮することもせず、
それでは、どちらも救われませんね。
のある人だから不愉快を表に出さないだけということもあり、
言われているほうが気が軽くなる賢い一言を挟んであげるとか、
配慮してあげる気持ちがあっても良かったと思いました。

20140511a.png

 

多くの人は周囲でことが起きると、深く考える手立てがなく
文句ばっかりいうようになります。それは非常に品が悪い。
運も落ちる。良い人物が周囲から消える引き金にもなります。
誰も注意してくれないし、文句を聞いてもらう人を
開拓していくと、どんどん周囲の品格が落ちて運も落ちます。

大変でも「告げ口してやる!」とスネてみながら
心のどこかで”一番良いようになる”と信じていれば良い。
すると、昨日の私みたいに告げ口をしない展開を頂ける :kira:
昨日は、告げ口するつもりの方と時間がずれて挨拶だけにした。
その代わり、久しぶりにお会いした方とタイミングがバッチリで、
私なんかを見つけて手を振って挨拶してくださり、
露天風呂でも偶然入ってこられて、グルメな情報を聞きました。

お風呂付の日帰りバイキングが3000円という旅館が結構ある。
ローカル新聞を見ておくようにと教えてもらった。
繁盛記は、お料理もすごく良いらしいです。
神様が、授けてくださったお友達だと思って感謝しています。

この世の中、賢い人も厄介な人も上品な人も汚い人も、
ごちゃまぜになって生きているように見えますが、
分布図にすれば、完全にバラバラではないのですよ。
類は友を呼ぶので、良い人が集まるように自分を維持して、
神様が招いてくれるが品格のある人であるよう頑張ろう。

「痛い人、痛い人、飛んでいけーーーー!」 と、
ニコニコしながら青空に飛ばすと良いでしょう :good:
頑張ってる最中の人も、そうしてみてね。応援してます。

タイトルとURLをコピーしました