鈍感は最悪

6月末のことなのに、人が来るとなると・・・
めっちゃ色々と考え出して疲れてしまいます。
楽しみで考えるのに、頭を使うと疲れるのはなぜ?
あまりにも、頭を使わな過ぎるのかな(+。+)

先日、ノムさん(野村克也さん)が言っていました。
「鈍感が一番ダメ!最悪!!」って・・。

どうなりたいかをハッキリ持っていないと、結果は出ない。

ただ、なりたいだけでなれるものなんて何もないもんね^^;
それは、時間がないとか、忙しいのと関係なく、
ぷちタロを覚えたいと思う人でも、目指すとこは様々。
ぼちぼちでも、本当に活用しようと思えば使います。
2日に5分でもやれば、間違いなく身についてるのは確か!

漠然=鈍感は衰退の道で、
レスリングがオリンピック競技の除外候補にされるまで、
国際レスリング連盟は、話し合ったことすらなかったとか。

試合に勝ちたいという真剣な気持ちがあれば、
どうすれば勝てるかを真剣に考えるし、
オリンピックを招致したいと本気で思えば、
どうすれば招致できるかを真剣に考えるし、
私たち個人でも、どうなりたいかがあれば、
どうすれば良いのか真剣に考えますね。

プランA〜プランCくらいまで出来るかもしれませんが、
「なりたい分」だけ努力は出来ますd(ー.ー ) ネッ
とにかく、やってみろ!どんどん、やってみろです。

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
スリーカードで時間の感覚を想定するよう大アルカナ各種のイメージを呼び出せば、結果と同時に「いつごろか」が読めるようになる。そのための正しい問いも必要なので解説します。
Translate(翻訳) »