怖いものをなくする「ペコパ風つっこみ」

この記事は約2分で読めます。

その時、その時にベストマッチな発想を
自分の引き出しから出す大切さ(^▽^)/
最近は「誰も代りにやってくれないよ」が
自分の着火点になっていたけど効かなくなった。
「そんなん言われても、仕方ないやん」と
単純に元気がでたりしなくなってきた。

そこで再び何度も書いてきたさんまさんの話。
嫌なものがなくなったら怖いものがなくなる
に効果が戻ってきました。

憂鬱な気分で道を歩いていたとき、
ふと「この気分こそが問題」と浮かびました💡
さんまさんがいう嫌なことっていうのは、
嫌な気分に陥るときすべてちゃうん?

嫌な気分にさえならないならば、
大変でも頑張るのが楽しいですよね🤗
大変だから止めたいとは思いません。

嫌な気分を除外できたら、
ホンマにこわいものがなくなる。
ホンマや~ めちゃ損や~
気分の影響だけやん💦

そう思ったところです。
このことを肝に銘じて忘れず、
いつでも浮かんでくるようにしたいの。
まずは、あちこち書いておこうと思った。

嫌な気分を気にしない

嫌な気分とは、その中にたまたま
自分が嫌だと思うものが含まれてるだけです。
悪でもなければ、凶でもないの。
塩や砂糖と同じように、ただ入ってるだけ。

それを見つけて過大にとらえないこと。
塩や砂糖を嫌ってもしゃーないし、
失敗とは何の関係もないものです。
いえ、自分でわざわざ結び付けてるかも😱

上手にコントロールしたいですね。
良い言霊を意識してみましょう。

嫌と言いそうな時「・・・じゃない!」を付け
不安に思いそうでも「・・・じゃない」とする👍
更には、ペコパみたいに肯定的に突っ込もう。
「嫌・・・じゃない。ありがとう💕」ってね(^_-)-☆

どんどん自分の力をそぐ
嫌なものをあしらっていこう。