2分「イメージしよう」

この記事は約2分で読めます。

バタバタと用事があれば、ついつい・・・
また後でと祈念の時間を削ったりして、
祈ったふりになっていたりしませんか?

どうしても忙しくなると「ふり」になりやすい。
やったという「ふり」では現実はついてこず、
一番、顕著に表れるのは自分の感覚です。

  • 何をやっても達成感が薄かったり
  • 感謝の気持ちが消えてしまったり

そこから充実感が消えてきて、怠慢になり、
どんどん無駄な日が過ぎて勿体ないのです。

感謝が自然に出てきて充実する時間は大事。
それは集中でも感謝でも同じです。
たった数分をなくさないようにしましょう!

目標を思い出そう

日常生活で色々と忙しいと思う。
達成の機運は、一日の繰り返しで作られます。
一日の中に達成への道を作りましょう。

ゴールを見失っていないよね。
ゴールが何かは持っているよね。希望はあるはず!
バタバタと忙しくてもゴールを思い出し、
2分で良いから進化のイメージを持とう。

2分間、心で唱えよう

「出来る!」と心で唱えて「出来た」に変えてみて、
それを何度か繰り返して唱えてみてください。

どちらか気持ちが入るほうを何度か唱えて、
最後は「よっしゃーー!」などと自分なりに終了。

それをするだけで流れを引っ張ることができ、
毎日がつながっていると感じられるようになる。
気持ちが少し灯ると流れは少し来るでしょう。

忙しくて家事や雑用に追われるときだからこそ!
そのことも「きっちりやっています」と思うこと。
それを唱えて「出来た」と報告すること。
意欲がでないボケっとしたときも、
たった2分、それを唱えると違ってきますよ。

元気度診断も目安にしてね☆彡
https://www.the-xx.com/genki/

タイトルとURLをコピーしました