運を変える3つの守るべき手順

この記事は約3分で読めます。

うちの常連さんの間では「サインを読む」という言葉は、
ぷちタロット占いで吉凶を見分けるようになる前から常識でした。

ぷちタロット占いなしで読み取るのが「サイン」。
その分、難しいけど慣れると誰でも出来ます。
これらを併用して歩んでいけば良いことが増えるよ。

このところ朗報を貰えることが多くて、
昨年から目標達成に近づいた人は必ずできてる。
動いてサインを読むのと、動く前に吉凶を見る。
両車輪で進むと不運などないと思えるでしょう。

「ただの悪いことはない」の

一見すると悪いことだと思えたとしても、
「良いことの為にどうしても必要だった悪いこと」
と実感できる未来にできる。そこが鍵!

誰でも何かを乗り越えないと進みません。
それをいかにベストに持ち込むかのメンタル。
ぷちタロット占いもサインも、そのメンタルを支えてくれます。

ぷちってダメなら即転換の方向を探すし、
進んでサインがでたら、進むか変更かわかる。
吉運を歩むように仕向けることが大事です。

運の流れを常に察知せよ

行きたいところへ行こうとぷちってGoサインでも、
途中で流れが変わることは多々あるでしょう。
予定どおりばかりが吉運ではないから、
吉運と出た流れに乗りながらサインを見つけること

いつも運は自分の視野の外にあることが多い。
だから意志をぷちっても、それ以上がどこかにある。
意志は所詮、自分で見えている範囲でしかない。

サインが重要な導き手です。

例えば吉運と出たから進めている途中で、
「これは、どうみても違う」と感じる瞬間もある。
吉運が途中で途絶えたり、終わったりします。

どう見ても違う流れを感じたときは分岐です。
無理押しするのでなく柔軟に予定を変えてみる。
要は「予定を変えろサイン」として問題がでたと読む。
変えた先に納得の結果が待っていて歓喜したりする。

ベストはいつも見えないもの

ベストの結果は神の領域でしょう。
自分がぷちっている結果は多分「ベター」なのです。
自分にはベストが見えていないからベターで進む。
信じて歩んでいると神様がときにベストを下さる。

それもこれも、まずは信じて行動した故の導きです。
神様に誘導してもらえたのだと実感する瞬間に、
ホントに信じて行動していく大切さを知るでしょう。

だから、もし今、すごく辛いという人がいたとしたら、
それでも目標は簡単にあきらめないで粘りましょう。

 
ベターを見つけてください ::ne
工夫して持ちこたえてください。
同時に「ただの悪いことはない」と唱え続けてね。

何日も何日も唱え続けて気持ちが上向いた頃、
必ず状況は変わります。必ずです!!

運を変える3つのこと

・意志をぷちってベターを見つける
・進みながらサインを読む
・ただの悪いことはないと祈念する

これを悩みや希望実現の際に続けましょう。
どんなに厳しい現実からも救いが出ます。
昨日は「感謝が溢れている」方と話せました。
感謝が浮かんでしかたがない彼女も、
数か月前は究極的だと思うほど苦しかったのよ。

お手本にして上の3つを実行しましょう。
私も粘りますぞ~。

タイトルとURLをコピーしました