今日の運チェック!
       

女帝と女教皇の『不快指数』

スリーカード
この記事は約3分で読めます。

とてつもなく、つまらないことに浸らず。
その、とてつもなく、つまらないことを活用して
自分をもっと素晴らしく成長させるために使う。

気分を低下させ、時に障害に思うことがらを、
人物であろうと、環境であろうと、活用すること :bikkuri:
その方法がとても大事になってくる。
別記事のことを通して、そう実感しました。
https://putitaro.the-xx.com/11502/

それが当たり前になれば、それこそ何度も言ってる
さんまさんの「嫌なものが嫌じゃなくなる」発想です。
周囲を直したり咎めたりするよりも、自分のため。
だったら、今に活かしたいですよ。

何も学ぶものがないかに思える状況がある。
対策と今後の可能性をスリーカードしてみました。
ケルトにしなかった理由は、最後に書きます。

20190405

環境が良いと、それに慣れてしまう。
素晴らしいお客さんに恵まれている状態が続き、
それと比べて、自分のことばかりで改める気がゼロな人が
目についてしまい、そのダメさ加減にうんざりします。
指摘したい気分に陥ることが増えてると感じていました :ase:

何もかも合わないし、つまらない話ばかりでうんざり。
それも、自分次第で成長に使うチャンスなのですよね :pati:

 

過去の状況をみると、いかにも我慢している感じです。
【吊るし人】は、我慢です。思うようにはいきません。
基本は、悟りを開けているイメージで読まないこと。
不本意な気分が残っているのが基本の意味です。

アドバイス意味が必要なときに「思うようにしなくてよい」と
切り替えるようにするのです。出来てると思わずに読んでね。

本日は、女帝と女教皇を不快感も比べてみますね。

続きはログインしてご覧になってね。
お試しなどの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました