食べ物運なしの日

楽しみなことがあるときに、月がでたりすると大抵は思い込みばかりで実際に進めると「やっぱりな」となった。そういう日の修正をいろいろぷちってやった実例です。

塔の日は「間の悪さを改善」せよ

塔の日は、どうしていますか?塔の日を変えるひとつのコツは、自分のいつも通りにこだわらないで流れを変えることです。間が悪い流れで物事が起きてくる可能性を考慮してみよう。上手くいった例を2つあげます。

一日のツボを押さえると吉運が速い

一日の運を変えるのが、何より一番やりやすい。その積み重ねが、長く大きな希望実現への障害克服にもなるでしょう。昨日は、正義でしたが凶運の目星をつけて回避できました。一日の対処と正義について解説します。

Translate(翻訳) »