ぷちタロット占いで占うべきかの判断基準

この記事は約2分で読めます。

先日は、時々する大きな勘違いに笑いました。
朝からイメトレもバッチリで、やればやるほど気分は良く。
いろいろなポジティブな発想も湧いたりして、
こういう風に前進すると良いのにねと、
普段の不安がバカみたいに思えたほどです。

そして、ふと浮かんだ発想があり妙案だと思ったの。
これは間違いないと思いつつ、念のため実行を確認!
すると結果は・・・・【死神】|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||
自分の勘の悪さにビックリしました(笑)。
でも、ハッキリと否定してもらってよかったです :luck:
調子が良いからと、全部が最高なわけでもなく、
今すぐに進めるにはNGということもあります。

ときどき、ぷちタロット占いに頼って安易に考えるのはダメですね。
同じことをするにも、準備ができてるときもあれば、
ただ思いついたばかりだったりもするわけです。
ランチについて占うなら準備も要らないかもですが、
何か、少しでも実行に重みがあることならば真面目にです。

簡単に使える=安易に占う ってなると、
キチンと準備していけば成功することをつぶすかも :ase:
そこで、最終確認のケルトとぷちタロット占いの違いを書きます。

20180426

  • ぷちタロット占い
    意志の占いですから、今にも実行する本当の意志が
    もしあるなら(絶対に嫌だという意志がある場合も)占うべし。
    ぷちタロット占いは、迷いを占う展開法ではない。そこが大事!
ログインすると会員レベルに応じた有料記事が)お読みになれます。。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました