カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

データを遡ると見える今

この記事は約3分で読めます。

一日法の過去データをさかのぼって見ていると、
それが随分と前に出たきりだったようなときは、
数か月前の時期に、自分がしていたことが思い出され、
その月の運から、今がとても変化しているのを知り驚きます 8-O

日誌は、本当に貴重だと思いました。
それがなければ、ただ過ぎてしまい忘れ去ることが多いよね。
昨日、一日法に【世界】で、3か月前に何度も出ていたカードだった。
その月は母のことが落ち着き、ペンフレンドを作ったりしていたし、
パソコンを買い替えたのがトラブってアクセクしていた月 :tara:

そういうことすら薄っすらしか記憶にないものです。
今にして思えば、たった数か月が想像もつかない変化があります。

一日の動きを見ていると、パソコンのサポートを受けたり
対策を勧めたり、新しいことに取り組もうとしていた自分がいて
迷いながらも前に進めたい気持ちが日誌から伝わってきました。

3か月たった今になり状況を見てみると….

四苦八苦したパソコンの件も、とうの昔。
ペンフレンドも気の合う人が定まっています。
あの時の自分は、未来に何があるかを全く知らず、
必死にパソコンを治したり、どんな外国人か分からず
どうなるか不安ながらも懸命にメールをしていましたわ。

とにかく英語の目標達成と、母の件もあり自分を変えたくて
何が見つかるかもわからないけど、何かを見つけたいと思っていたのね。
平静を保ちながら、必死さが出ていた3か月だと感じました。

世界が出た日は、データを見たところでは往々にして、
どこか目的が絞られる前の状態だったと思います。
何かをつかもうとしているけれど、まだ曖昧な状態で、
動きを待っていたり、自分から動くかぷちっていた自分がいる。

きっと色々と不安だったろう。

でも多くのことはNGと出て、その時の自分が一生懸命に
未来を切り開こうとしているのは分かったけど、
結局、NGを守って過ごすことで、後に定まってきたのですよ。
ペンフレンド作りも、自分から積極的にアクションすべきか占い
NGだったのを受けて「何もしないでただ待つ」と解読してありました。

タロットがあったから正しく行動できていたのも分かりました。
信じた結果、本当に良い人たちと出会えたと思います。
ぷちることが出来なかったら、焦って悪い縁をつかんだかもです。

数々の縁がリンクとなり、別の道が出てきて、
別の道の中で数々の縁がまた出てきて、今に至っています。
そういう紆余曲折は、自分の想定では浮かびませんよね。
大抵は、この道を選んだ先に何かがあると思って考えます。
だから、条件や都合や色々な事情を考えて選ぼうとする。

1つを選んだら決着がつくと想定しているのね(^^;)

でも、最初の縁は単なるキッカケであり、そこから次の道に入り、
また別の道が出てきて良い流れになれたりしているのですよ。
たった3か月でも変化が沢山あったのを思い出せてよかったです。

だから、未来を考えるときには、常に通過点だと思おう。
すぐに安住するような気持ちで考えないのが良さそうです。

結論として、世界の日に考えていた方向性は正しかったけれど、
方向性の中の個々の事情は未発達で、後に変化したのが見えました。
世界の状況では、流れを作ることは良いけれど決定ではない。
そう思いました。みんなのデータは、どうでしょう。

データを読み返すのは本当に良いです。
身近な過去も振り返れば、もう学ぶことがあるかもよ。

タイトルとURLをコピーしました