運命を動かすチャンスは常にある!

思うんだけど・・・
不運と感じるものは、確かに周囲の環境に起きるから、
自分の心の中だけの問題ではありませんけども、
もっとも苦悩する【力】でも、環境が変化する【魔術師】でも、
はたまた完全に行き詰る感じの【死神】でも、
結局、自分次第でどうにでもできるのがGolden Dawnぷちタロでは?

20130920.png

運命をどうにでも出来るというのは、
運命が自分の選択により、ある程度は自由に決められるからです。
それでも、自分の感じ方という一定の基準に沿っている限り、
そこから抜け出すことができません。普通はそこが不可能に近い :dissa:
どんなときも、私たちは自分にとって「よかれ」という判断をして、
それが裏目に出るだけのこと。悪い環境を望む人などいないもの。

だけど、ぷちタロで『力』がでたり『魔術師』が出たりしたとき、
よかれではなく、どうすれば最善なのかがわかるようになりますね。
吊るし人でも死神でも、少し慣れたら回避できるでしょう :good:
判断基準を自分というフィルターを通して決めるのでなく、
ぷちタロという新しい未来判断をしていくことで変えられます。

見落としや見間違いや考え違いをなくすと、どれほど好転するか!
不快は怖いですが、自分の判断ミスを知らせてくれるのですから
意味がわかると、力にも吊るし人にも、愛を感じてしまいますね :love:

だからですねぇ。
運勢にこう書かれているとか、佐藤さんがこう言っているとか、
説明を受けるだけでは不十分だとつくづく思う此の頃です。
何が出ているか、その意味はどういうものかが、
感情を伴った記憶から判断できると運命を突破できます。
ぷちタロがわかるようになってから、運勢に出たカードを見れば、
説明ではなく、感情から分かることが増えてきますね。

運命は、ある程度自分の自由意志で選んでいて、
常に小さな出来事から変動しているということがわかるでしょう。

シュタイナーが、奇妙な人間を書いていましたが、
これは、屋根から瓦が落ちてきて当たったとすれば、
普通なら、不運な出来事というだけで終わるのですが、
例えば、時間を止められる自分がいると想定して
「だるまさんが転んだ」で時間を一旦止めたとします。
そして、瓦が自分に落ちるようセットし時間を動かしたのです。

もし、瓦がセットされた状態から時間を動かすときに、
どこからか高次の自分が見ているとしてみれば感じるはず :hint:
手を合わせて「今度は避けてくれーーー!」と信じている自分を!
そして、もし避けられたら走り回って喜ぶでしょう。
ガッツポーズをしまくるでしょう。

どんなカードも未来判断のために出してくれている確信。
そう思えば、愛情に応えて全ての悪いカードを外して、
すべての良いカードを促進していかねばですね :po:

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
スリーカードで時間の感覚を想定するよう大アルカナ各種のイメージを呼び出せば、結果と同時に「いつごろか」が読めるようになる。そのための正しい問いも必要なので解説します。
Translate(翻訳) »