自分を変えるのは「楽しみ」から

この記事は約2分で読めます。

ある方の今年の抱負は「前を走る」と決まりました。
いえ、駅伝の選手ではない(笑)。日常です。
忙しさに押されて、日々、追い立てられるようで
くつろぐこともできず頭も疲れているでしょう。

食べ盛りのお子様が3人もいるから、食事だけでもすごい。
唐揚げなんて1.5kgも揚げると大変でしょう 8-O
昨年から私が、5時半起きで星とか見ているけど、
それまでは一度も、前を走るという感覚はなかったです。
でも今は、ようやく言わはる意味が分かる感じだよ。

ゆとりがあれば追われて過ごすのでなく、
常に自分が先に先にと動くことができるのです。

けれど、なかなか実際にはできないときってある。

20190201a

早起きしたいという明確な動機がいるのです。
私は、「眠る前に明日も星が見たい、楽しみだ :kya: 」と
思って眠ります。すると1時半や2時に寝ても目覚めます。
これ不思議や~。楽しみがあると目は覚めている。

単に早起きしたほうが良いからでは薄いです。だったら・・

すんごい高級で美味しいお茶やコーヒーでも買って、
明日の朝は、5時半起きでそれを飲むぞ :love:  と決め、
カップやコーヒーメーカーなど色々と準備して寝ます。

すると楽しみになってこない?(*^^*)

積極姿勢で開ける星なのに、一向に開けない人も、
大抵は何やかんやと言い訳して楽しみを作ってません
仕事ばっかり、気がかりばっかり。それじゃダメ :no:
キッカケは、楽しみを思いつくことから始まります。

最近は、土鍋でご飯を炊いているのですが、
これもふっくら炊けて美味しいので楽しみになり、
コンロから何分間かは離れられなかったりして、
炊飯器よりも、ある意味で不自由みたいですが・・・
炊けてくるのを見ているのも楽しいのです。

楽だったらキチンとするわけでもなく、
楽でも面倒なことは面倒なのです。
逆に、面倒に違いないことも楽しかったりする。
すると出来る。

面倒なことを楽しみに変える工夫で自分を変えたり、
面倒なことから救ってくれる家電や便利グッズでもよい。
何にせよ、追われて過ごさず前を走れる状態にすべし。
「何を面倒に思っているのかを知り、変えていく」
意識だけでなく、方法を変えると楽しくなるときもある。

各自、自分に合う楽しさを作ってください。
良いキッカケを得たら、ぜひ教えてね。

タイトルとURLをコピーしました