今日の運チェック!
       

LINEの苦手意識解消の策(前)

ケルト練習
この記事は約3分で読めます。

高嶋ちさ子さんまでは行きませんが、
昔は、大胆不敵で悪魔みたいだった記憶があります。
高島さんのこと、めっちゃディスってます?いいえ大好き。
なんか、共通するものを感じますもん(笑)。

五行の運とは驚く力を持っていると思います。
運気が弱くなった途端に、警戒せねばならないことだらけで
それが20年も続いてしまうと、その習慣が抜けません。
良い星に入っても、なごりというものがあり・・・

私が犬なら、知らない人はとりあえず噛むという
吠えるより先に驚いて噛む。そんな感じでしょう
でも、英会話の上達には外国人と話すのは必須。
いちいち殺人鬼と対面する調子でいたら疲れます。
考え抜いた結果・・・
ひとりひとりに重きを置くからビビる気がしました。

逆に、いっぱい居たら人盛ナンボのトマトみたいに、
1個1個に神経を使わないで良い気がした。
気にかけすぎる傾向を軽くしたい。だったら、
会話と関係ない相手も写真交換できるし
LINE=英会話じゃなく広く使って慣れようと思った。

使い慣れてる人は、あほらしい問いでしょうけど、
私にとっては、ものすごい決意の題材です。
LINE=英会話じゃなく広く使って慣れようと占いました。
過去と現在をしっかり読み分ける力をつけてほしい。
そう思って書きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初に目についたのが、まさにという【剣Princess】です。
警戒信号、警戒心発令というカードですね(笑)。
ほんま、どうしようもなくそうやねん。
「いや、よしこちゃんのほうが怖いやろ!」と言われたら
ごもっともで反論の余地もなく納得なのですが・・・
しゃーない。

過去と読むか、原因と読むか、両方か。

この場所は、過去か現在につながる原因ですが、
説明のとおり、過去の状態にぴったり一致するから過去です。
この警戒心が、女教皇を引き起こす原因と読めるか?
そうは読めませんから、今回の5番は過去の意味です。

続きはログインしてご覧になってね。
お試しなどの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました