コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

ホロスコープの展開法と実例解説

ホロスコープの展開法と実例解説 ホロスコープ

ホロスコープ法

定期購読で詳細な解説が読めますが、私のGolden Dawnは小アルカナの特別ルールがあり独学では習得できません。総合講座を開講したときに参加して頂ければ嬉しいです。その際はブログにてお知らせいたします。

シャッフル方法

  1. テーブルの上で時計回りにかきまぜ1つの山にする。
  2. それを2つか3つの山に分けてから、順番を変えて積み替えてください。(カードの向きは扱いやすいほうで構いません。)
  3. ひとまとめにしたら正逆のないカードですから、後ろの絵柄を参考に、すべてが正位置になるよう表向きに並べていきましょう。

展開方法

horo

1. 上からを1番に、続いて2番3番にく。
2.
に上から番、続いて番にじようにく。
3.
じように上から番、続いて番に。
4.
じように上から目を番、続いて11番12番に。
5. そして
に上からを中の13番にく。
6.
今度は上からえて 4 枚を 14 番
7
. じように上からえて 4 枚を 15 番
8. じ手順で、上から 4 枚を 16 番、に 4 枚を 17 番にく。

各番号の示す意味

1. 性格や「えかたの特徴」(その間のえ)
2. 金
物質
3.
・国内旅・勉強をしているとき)
4.
家庭住居、プライベート
5. 恋愛、
子供レジャー
6.
場(日常業務・労働)、健康運は (初心者は別にぷちう)
7. 結共同経営(その潜在)
8.
生死(大きな手など)(その間の金運補足と後
9.
海外旅行、海外関係
10.後の望、大きな仕事
11.
人、社交しい関係(身も)
12.
仕事健康の後れた問
13.全体Key になるカード、総体状況

すべてに応用する指針

14.「行の時の精神的方向」
15.
聖杯「感情指針
16.
発想信(連絡系カードの時)」
1
7.「金銭・物質へ指針

スポンサーリンク
ホロスコープ

悲観や終わった気分は剣9の備え不足かも

剣9で私にでてきた実例を書いておきます。剣9には色々な悪いことが起きがちですが、その特徴は漠然とあります。悲観やショックに感じるでしょう。しかし、大事なのは「そのあと」です。対策を実行してください。
ぷちタロ練習

「力」に秘めた3つのアイテムから学ぼう

力は得意な人がいない厳しいカードで、出ているのを知っていても回避が難しく、知らないならば知らぬが仏というくらい。けれど出ているときに最高の対応をするため真意を知っておくのもいいと思います。アイテムやアイテムの向きや色を理解しておこう。
ホロスコープ

悔いはない?「最後に中心運チェックしましょう

ホロスコープを最終チェックして来月に進むようにしましょう。出来たかどうか。課題を果たすことが目標達成への呼び水です。私の7月について中心運をもとに各運気をチェックして実例です。参考にね。
ホロスコープ

剣9・剣10の痛みを予防しましょう

ホロスコープに剣9や剣10が出ているとき、何が起きてきて、どう感じて、対策は何なのか。それを知っているか知らないかで劇的に感じ方が変化します。悲観に打ちひしがれないよう準備することで大いに未来が違ってきます。
ホロスコープ

厳しいときは「前後半チェック」&剣9と塔の違い解説

中心運に剣9が出たときの実例をできるだけ書き綴り、厳しい月の対応策をあげておきます。厳しい月は自分で前後半に分けて流れを参考にするとよい。そこで今回は前半に出た塔と剣9を共通事項かもしれないと推測して訳しています。
ホロスコープ

すべてを吉運に転じさせる力「審判大好き」

Golden Dawnの審判は、最悪の未来も現実も吉運へ転じる可能性が高い。その体験者は見るだけで元気がでるカードです。私も審判がでていると急に気分が良くなります。それくらい吉運が強い審判を確実に好影響にする流れを学びましょう。私の感じた生の気持ちを書いておきます。
ぷちタロ練習

数字のお話「運命の輪は太陽を向いている」

運命の輪は良いか悪いかは示さず、起点や区切りです。内容がないなら、どうして必要なのでしょうか。運命の輪を挟まないでも現実は進んでいくのです。けれど、運命の輪は必要です。運命の輪が示す真意と太陽との関係から、もっと運命の輪に近づいてもらうよう解説します。
ホロスコープ

ほっと一息の吉運と凶運「未来へのつなぎ」棒4チェック

今日は、すごく重要なカードでありつつ以外にも軽くみられている棒4を解説いたします。まったく怖くはないけれど、吉運にできるか衰退させるかの分かれ目にあることを示します。対処を間違うと努力は水の泡。どういうことが例を挙げて説明してみるね。
ホロスコープ

圧迫と困難の正しい打ち勝ち方を示す

7月16日以降の後半をホロスコープしてみると、7月全体の鍵がありました。棒7に取り組み克服している現状に、試される流れがまたやってきそうです。棒7や棒5の苦しさと勝利の方法について書いてみます。
ぷちタロ練習

凍結そのものが正義「その実感と対応策」

正義は、ぷちったときの対応を知っていても、リアルな日常に起きていることはつかめていない人も多そうです。ちょっとした違和感がある相手も含め、何が起きるか・どう対応するかを知っていることが重要です。知らないと凶運は続く可能性があるカードなのです。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました