コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

スリーカードの展開法と実例解説

スリーカード

タロットの0~21の番号をふってあるのを大アルカナと呼び、それを抜き出して使います。

これからが気になることがある人
達成したいことがある、解決したいことがある。
そんな時はすぐに【スリーカード】をしよう。

未来は自分が思っているのと全然違ったりします。ササっとスリーカードをすれば良くも悪くも必ず参考になる。
的中率も高く色んな占い方ができます。

的中させる使い方

  1. 気になることを心に浮かべましょう。ネガティブなのか、なぜ気になるか、いろんな背景があるはずよ。その不安や気になる部分をメモろう。
  2. その後で具体的に問いを決めます。
    仕事・病気・恋愛など1でまとめた背景をもとに「●●が気になる。その今後」のように問いましょう。

時間設定を加えたい場合

  1. 上の1・2で不安や気がかりを思いうかべながら「もう、そろそろ」解決するか「今後」
    「まだ、しばらく」●●は続くのか「今後」
    という文言をどちらか挿入します。
  2. 嫌な状況が続くか、良い状況がこのまましばらく続くかなど
    気持ちに合うほうを選びましょう。
  3. その際に、限界はいつかをカレンダーで切りのよい区切りでなく、
    心の限界として3日、1週間、3か月という風に真剣に向き合って頭に入れて置こう。
  4. そして占いは普通に解読していきます。

占い方法

  1. ぷちタロ・一日法・スリーカードなど大アルカナのみの場合はトランプと同じ方法で構いません。(ケルトやホロスコープと同じ方法でもよい。やりやすいほうにしてください)
  2. それを2つか3つの山に分けてから、順番を変えて積み替えてください。(カードの向きは扱いやすいほうで構いません。)
  3. ひとまとめにしたら正逆のないカードですから、後ろの絵柄を参考に、すべてが正位置になるよう表向きに並べていきましょう。
  4. 大アルカナだけを基本シャッフルし、上から 3 枚目を過去へ。
    同じく 3 枚目を現在に、また 3 枚目を未来に置きます。
    初めて使うときに、ぷちタロにて自分のスリーカードによい数字を占い
    、上から何枚目を使うか「独自の占い方法」を見出すのも良いです。

カードの解読

  1. 【過去】が、過去の出来事にピッタリのことがあるか。
    ない場合は現在のカードの原因と読めるかを考えましょう。
  2. 【現在】のカードが現状にピッタリかをチェック
    ピッタリの場合は、未来が悪いなら「鍵」ともなっているかチェック
  3. 良いカードなのに実際は全然よくない、悩んでいるとか、
    悪いカードが出ているが実際には良好な場合には「鍵」です。
  4. 【未来】が吉運か凶運かをカードから推測しましょう。
  5. 最後の時間設定がある場合は、設定した期限でどうと出たかを解釈しましょう。
  6. この場合のスリーカードの最終地点は時間設定で決めたところになります。

 

小アルカナを加えて占っても構いませんが、大アルカナだけなら吉凶はよりハッキリし、時間設定もばっちり当たります。

スポンサーリンク
スリーカード

ポピドンヨードのうがい薬の効果と「タイミングは今じゃない?」

吉村府知事のお願いとしてポピドンヨードのうがい薬を試してみるよう記者会見をしました。波紋を呼ぶとか、疑問だと取り上げられています。Golden Dawnは発表のタイミングと効果をどう示すでしょうか。占った結果です。
ぷちタロ練習

「力」に秘めた3つのアイテムから学ぼう

力は得意な人がいない厳しいカードで、出ているのを知っていても回避が難しく、知らないならば知らぬが仏というくらい。けれど出ているときに最高の対応をするため真意を知っておくのもいいと思います。アイテムやアイテムの向きや色を理解しておこう。
スリーカード

自覚がない不安を問う時の「現在の読み」と皇帝の解釈

同じストレスを占う時でも、辛いストレスの今後を占うのと、自覚がない状態で占うのとでは現在の読みが随分と違います。自覚がある問いと、そうでない問いについて考えてみましょう。
スリーカード

悪魔から節制は回復だけど「まだ喜べない」

悪魔、隠者、節制という全てが地味なカードで占い完結するパターンで、悪魔から節制へと事が動く場合は「良からぬことが薄れる、消える」と読むことが出来ます。今回の問いと同時に病気に関しての読みとして参考にしてください。
ぷちタロ練習

数字のお話「運命の輪は太陽を向いている」

運命の輪は良いか悪いかは示さず、起点や区切りです。内容がないなら、どうして必要なのでしょうか。運命の輪を挟まないでも現実は進んでいくのです。けれど、運命の輪は必要です。運命の輪が示す真意と太陽との関係から、もっと運命の輪に近づいてもらうよう解説します。
スリーカード

最強の吉運「審判」を喜んで終わりにしないこと

努力していることがあれば、時間設定ありのスリーカードをしましょう。自分の希望を当てはめて問いを作れば、希望通りの展開になるかわかります。ダメでもヒントがあるでしょう。今回は現在に審判がでたときの重要な読みを解説しました。
スリーカード

隠者から法王へと方針転換「その違い」

努力をしていても、その方向性が違うと修正せねばいけません。隠者と法王の違いを理解して希望を叶えるための流れを感じてみましょう。未来にでている運命の輪は、法王を続けることからやってくる。隠者と法王の違いを知るのもおもしろいよ。
スリーカード

塔や悪魔に挟まれた「節制」を読み切りましょう

スリーカードで塔と悪魔に挟まれた節制が出ている場合、節制をどう読むか、最終結果をどう読むか。対策を引き出す方法についても解説します。悪いカードに挟まれた良いカードがある場合にも応用してください。
怠慢・ぼんやり

皇帝のしんどさと恋人の真意

気持ちがしんどいときに、内面を期にすればよいかというと、そうではなかったりもする。壁にぶち当たったときに出た皇帝と恋人について解説しています。
2020.07.07
怠慢・ぼんやり

大失敗につながる怠慢系の意識

愚者や聖杯7や聖杯8という怠慢系が出ているときは、 運勢の中で、一番厄介で一番恐ろしいと実感します :gya: 改善しようにも、自分が見ている方向や意識していることが、 まったくアテ外れで見るべき方向を無視していたりする。 だか...
2020.07.07
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました