怠慢・ぼんやり

スポンサーリンク
怠慢・ぼんやり

勇気と覚悟で生まれる運がある

石橋をたたいて渡るほうが安全かもしれませんが、私が一番見てきた成功の条件は「勇気と決意」でした。自分で決めたことに挑戦していくには勇気がいります。その勇気を発揮して動いた人には、ご褒美のように思わぬ展開がでてきました。
怠慢・ぼんやり

具体的な実行策が足りない人が始めるべきこと

やる気や意欲は出したいと思って出ない厄介なものです。キッカケが必要なのです。そのキッカケをどうつくるのかを書くので試してください。発見は不意にやってきます。答えを受け取れるかは自分次第とわかるでしょう。
怠慢・ぼんやり

ポジティブになるための言葉(2)「誰も代りにやってくれないよ」

自分を運よく動かすために効果がある言葉をもっていると得です。気分を上手く誘導して切り替えられるとよいし、それがハマらないときの対策も一緒に書いておく。これを実行すれば「やらねば」と思うばかりで時間が無駄になるのを省けるでしょう。
怠慢・ぼんやり

曇りのない目で未来を考えよう「凶運回避」

2020年の運勢で依頼があった結果、凶運がでていたかたの対応でその未来は変わりました。そんな身近な実例を書いておきます。凶運も自分は選んで進む先にあるということ。なので変更する発想しだいで好転もある。柔軟な発想を占い結果から見つけていく大切さです。
怠慢・ぼんやり

運は周囲にいつもある「準備探しの行動」

運は生まれたときから、気づかなくても周囲に存在し、拾える人は幸運な流れが増えてくる。それをつかみとるにはコツがあります。難しいわけじゃなく、少しの根気と自分があきらめない姿勢で発掘されるでしょう。運を見るけるコツを書いておきます。
怠慢・ぼんやり

お正月にも来年のひらめきをもらう

成功した人は準備が常にできている。楽をしていない。楽観していない。厳しい局面を想定しています。そのうえで計画を立てて自分を律してゴールした。昨年の自分は、もっと頑張れたと思っていたけど、日誌を見ると出遅れを感じました。課題を自覚すると次の準備ができますよ。
怠慢・ぼんやり

目標達成のクタクタな疲れは気持ち良い

運を上げたら、成果を出すコツも身につけたいですよね。努力の方法も目標達成する人独特のメンタルがあると感じます。それは、しんどさと疲労を嫌わない姿勢。それもやってみて習慣になると意外と楽しいものなのです。いくつかのイメージを持っておきましょう。
怠慢・ぼんやり

希望を目標に変えて運に乗ろう

人生の大きな星が良い人でも、なかなか運が上がらない人もいます。その差は何か。意欲と目標の違いです。何か小さなことでも成功体験は持てるから、目標をたてて1年取り組むとよい。毎月は一年を変える。間違いありません。希望が誰にでもるから、それを目標に出来るというお話です。
怠慢・ぼんやり

「これやろう」十分な吉運を生んでいる姿勢

目標達成に近づく後押しは自分の実行力です。その違いが大きく出るのが「やる」姿勢。自分ではどりょくしているつもりだった以前と、本当に達成できたときに出来てたときには覚悟の違いがありました。誰でも実感に近づけるように解説してみます。
タロットな雑談

答えはずっと以前から変わらずあった

悪い周期には自分を顧みると逆に良い流れがでることが多々あります。変わろうという意志、変えても良いという柔軟性が悪い星を好転させてくれるでしょう。良い時には探そうとしていなかった答えが見つかり、それは昔から近くにあったと気づいたりもある。悪い星の意味について知ってほしいです。
スポンサーリンク
シェアする
Yoshiko Satoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました