不可能な目標達成を「転換」

この記事は約3分で読めます。

5年目安で目標を持ち、3年間必死で学んできました :bafu:
そして残り2年に来て、とうとう絶望的な展開になった。
昨年は剣7の絶望的で、昨日は剣10の絶望的。
同じダメでも、ダメの強さが違いますよ。

剣7は、野心が砕けるイメージですが、
剣10だと、完全に希望が絶たれる感じです。
海外ドラマを普通に理解するレベルに達するには、
何が何でも転換すべきことを見出さねば絶望です。

そこで、いくつか修正点を考えてみました。
思いついたのは・・・・
私は英会話に興味がありません。
海外ドラマを普通に理解したいだけです。
だから勉強は、聞き取ることだけに集中してきました。
それが違うのかな~ と。

そこで皮切りに、普通の人がする英会話の勉強を加える
という意志をぷちってみた。すると・・・結果は【皇帝】です。

20160225

皇帝は、力の限り頑張って実行していくようなイメージなど
とにかく、力を出し切るとか、実行力、指導力など、
どこか割り切りながらも頑張って結果をだすよう努める感じ。
その意味で読むと、よくわかるニュアンスがありますね。

ログインしてお読みください。
お試しなどの詳細はこちらです。